居住権を人質に取られている

私は、ある関東の県採用の公務員です。


今は職場付近の官舎に住んでいますが、部署異動になると、今の官舎を出なくてはなりません。



異動範囲は県内全域なので、


異動=引っ越し


となります。





上の子供が幼稚園生くらいの時は、引っ越し上等、賃貸バンザイとか調子くれていたのですが、今は小学生になりましたので、部署異動ごときで子供が転校すると思うと気持ちが萎えます。


そして、異動が発令されると、1か月以内に今の住居から出ていかなければなりません。



異動が発令されれば、部署異動だけでなく、急な引っ越し、子供の転校などの手続きもしなければなりません。



これって、かなりの負担になるのだろうと、容易に想像できます。




就職してから今まで7回の引っ越しを経験してきましたが、独身時代、結婚して所帯を持つ、子供が成長する、というステージが進むに連れて、確実に身が重くなっています。


単身のミニマリストの引っ越しは、リュック一つでできるかもしれませんが(←大げさではなく)結婚して子供を持つと、引っ越しはかなりの負担になります。



このまま、これまでのスタイル(部署異動=引っ越し)で仕事を続けるのは、ストレスになりそうです。





そこで、うちの職場の人達は、家を買うという決断をします。

家を買えば、引っ越しをする必要はなくなり、家から通える範囲の部署異動となります。

今の私は家を買う時期の適齢期になっていると思います。






しかし私は、不動産を買うことに大きな不安があります。


不動産を取得することでの税金、維持管理費、リフォーム代、解体費用などを考えると、築30年の中古の一戸建てを1000万円で購入しても、20年は住まないと元が取れないと思います。


中古物件を買っても、賃貸より有利になるのは、簡単ではないと思っています。


そして、同じ土地に20年以上も住むということに利便性を感じません。


自分や家族の年齢やステージに応じて、住む場所を変えたいと思っています。




田舎に家を建てると、家から子供が大学まで通えないので、アパートを借りて大学に通うケースがあると思います。

学費以外にも、子供の生活費を負担することになります。

仕送りがギリギリであれば、学業よりもアルバイトに時間を費やすようになるかもしれません。

勉強をせずに、アルバイトに大学時代を費やせば、頭の中がスカスカな状態で大学を卒業するでしょう(←私は大学時代に勉強しなかったことを後悔してます)

卒業証書をもらうためだけだったら、そもそも大学に行く必要などないと思います。






部署異動ごとに引っ越しを繰り返す官舎生活に負担を感じる。


不動産を買って一つの場所に定住することに魅力を感じない。










賃貸住宅を借りようかと考えています。








今の居住地には、子供が中学校を卒業する10年後くらいまで住んでもいいと思っています。


逆に言うと、それ以降は住みたくはないです。

10年後には、子供も大きくなるので都市部に引っ越したいと思っています。






賃貸で住宅を借りると、住宅補助が職場から出ます。

最大で2万7000円くらい出るようなので、かなり有利です。

そして、家族が引っ越さなくてもいいということは、かなりの魅力です。




官舎生活よりは居住費がかかっても、部署異動で突然の引っ越ししなくていいというのは、かなり魅力的です。


私の職場は長くて5年程度、短いと1年程度で異動となります。





そして、組織の人事権には逆らえません。

組織から変な評価をされれば、簡単に飛ばされます。





退職1年を残して新天地に飛ばされたり、不倫の噂が立って半年後に異動とか。









私などは、宅建士の資格を勉強していますが、土地や建物の賃貸借を規定する法律の借地借家法により、賃貸住宅の居住者の権利が保障されています。




例えば、アパートを大家さんから期間の指定のない賃貸契約を結んだ場合、大家さんが契約を解除しようとすると、解除する1年から半年前までに、その旨を借主(居住者)に通知しなければなりません。さらに、その通知をしたうえで、解除するための正当な理由が必要です。つまり、この場所に高速道路が通るので建物を取り壊すとか、法令で建物の建設基準が変わって取り壊さなくてはならないとかのようです。(←勉強中です。間違ってたら済みません。)



正当な理由というのは、そうそう発生することではないようなので、貸主は借主に簡単に退去を要求することはできなくなります。



借主は自分が出て行きたくなければ、正当な理由がない限り出ていく必要はない。


正当な理由があったとしても、半年以上前にそのことを貸主から告げられなければ出ていく必要がない。


そういう取り決めのようです。





しかし、私は職場の官舎を格安の賃料で住んでいますが、人事異動が出れば1か月以内に明け渡さなければなりません。


借地借家法よりも、借主にとって不利な状態です。



独身で単身身軽な時は、1か月で引っ越しも余裕だったんですけど、家族を持って転校なども考えると負担の大きさを感じます。




だから、うちの職場で家を買う人も多いのかなあ、と思います。



私は、不動産を買うことを簡単には考えていませんので、この先もマイホームを手にすることはないと思います。










官舎は金銭的には最高に有利なのですが、居住権を握られているという状態であることに気づきました。





私は今年41歳のおっさんですが、それまで考えもしなかったことに気づいたりします。


学ぶ姿勢を持ち続けたいと思います。






スポンサーサイト

家と相続

私には幸か不幸か、相続する家がありません。

親の持家は東日本大震災後に解体し、土地は売却しました。




家は解体、売却した


私の父は15年ほど前に病気で亡くなっています。

親族は、母、姉、私の3人です。

父は千葉県のある場所に土地を買い、一戸建ての住宅を購入しました。今から35年ほど前のことです。そこで私は幼少期から就職するまでの20年近い時期を過ごしました。そして、私と姉が就職して家を出て行き、父が病気で亡くなります。その後しばらく、母が一人でその家に住んでいました。そこへ、結婚した私が妻と子供を連れて同居を持ちかけましたが、同居はうまくいきませんでした。

以前の記事

それが2009年ころの話です。部署移動に合わせて、私達家族は官舎への引っ越しを実施して、同居を解消しました。

そして、2011年の東日本大震災を受け、母の住む家は液状化による半壊認定を受けるほどに傾きます。床は斜めっちゃっているし、壁にもひびが入り、大雨が降ると雨漏りしてきます。母は、こんな家にもう住めない!と私に解決策を求めます。

どうしたいの?
家を修繕したいの?建て直したいの?取り壊したいの?また、同居して俺が建て直す?

質問を浴びせても、母ははっきりとした答えが出せません。

母は団塊世代の専業主婦です。黙って旦那に尽くしていれば、幸せな人生を約束された世代でした。しかし、その旦那はすでに世に存在しません。父は遺族年金などは残してはくれましたが、母が一人で世の中を生き延びていくだけの道しるべは残せませんでした。

母は今後自分がどこに住むべきかのビジョンもなく、もうここには住めない、という一点張りでした。

自治体からの半壊認定が出ていたので、修繕や建て直し、建て壊しなどをすれば、補助金などももらえました。

母が自分で建て直して、そこに住み続ける場合、立て直しの1年ほどは別のアパートなどに引っ越す必要があります。

私が建て直して、私の家族と同居をするのも、難しいと思いました。以前の同居で凝りました。

考えたあげく、私が一番現実的だと思ったのは、家を解体して土地を売りに出し、売ったお金を母の賃貸暮らしの足しにするというものでした。

母もこれに反対せず、家を解体して土地を売りました。

土地は500万円で売れ、解体費は100万円くらい掛かりました。家はやや小ぶりの木造二階建てでしたが、解体費は100万円くらい掛かりました。単純に考えると、土地の価値が100万円以下だとすると、古い空き家は負の資産となります。いま日本には820万戸という数の空き家が存在しているそうですが、土地の価値が解体費を下回っている家は負の資産と言えそうです。

さて、私の判断は今のところ正解だったようで、母は自分が生まれ育った街でアパートを借り、のんびりと一人暮らしを満喫しているようです。




家を相続していたら面倒だったと思う


もし、私が実家の土地に家を建て、母との同居を始めたとしたら、面倒なことになったでしょう。

土地は母の名義、家は私の名義になったでしょう。

そうなったら、今度こそ、簡単に同居を辞めるわけには行きません。住居に対する選択肢はなくなります。

どんなに同居が嫌でも辞めることができない状態です。

どんなに会社が嫌いでも辞められない、会社勤めに似てません?(笑)



それと、相続が面倒になりそうです。

母名義の土地を私名義に変えるのなら、生前贈与になります。その後、同居をして母が資産を残さずに亡くなった場合は、姉にも土地の分の相続の権利が発生してきます。(←多分です。間違っていたらすみません。)

そうすると、土地の権利の半分が私の姉にもあることから、現金で250万円よろしく!みたいなことになるかもしれません。
そうすると、今度は私の妻が、お母さんの介護を担当した、私の労力の分はどうなるのよ!と言ってみたり。
そうすると、今度は姉の旦那が出てきて、#$%&’()=!!!!と言いだすかもしれません。
そうすると、板挟みの私は心を病んで…

どんなに仲のいい兄弟であっても、家族を持って配偶者ぐるみでお金の揉め事に発展したら、収集がつかなくなりそうです。

まさに、争続の始まりでしょう。




持家を否定するつもりはない


いつも、家を持つことに対する反対意見ばっかり出してしまいますが、人生は一度きりです。

広いお庭で、子供たちと遊んだり、ガーデニングを楽しんだり、日曜大工を楽しんだりする。

家を持つことでしか味わえない楽しみもあるでしょう。

家があると相続に有利になることもあります。評価額を低く見積もることができます。

不動産を持つことで、社会的信用も得られます。(無職で家もないとクレジットカードも作れないと聞いたことがあります。)



ただ、私は社会的信用とか見栄、物質的な満足度よりも、精神的なフリーを強く求めています。

私には今の職場を辞めたら、同じだけの年収をもらえるだけの自信はありません。

だから、家を買うことは私に仕事にしがみつくことを強います。

もし、私が自営業で年収1000万円を余裕で稼げる人間に成長したなら、家を買う自信が持てるかもしれません。


分相応に、私のような小物は一生賃貸で十分です。


家について

子供二人、官舎住まいの私の家についての考えです。




勤続17年、実家・官舎以外に住んだことなし


就職してすぐ、職場の独身寮にぶち込まれました。

決して快適な環境とは言えませんでしたが、家賃はただです。

部署異動ごとに引っ越しを繰り返しましたが、独身のうちは独身寮や、家族官舎を独身者二人で同居するなどで過ごしてきました。

結婚するまでの10年弱の独身時代の家賃は格安でした。

仮に、月々5万円のアパートに10年住んだとすると、総額は600万円になります。

月々7万円を家賃に使えば840万円です。

独身寮に住むことで、相当な節約ができたと思ってますし、今の資産額にも大いに影響していると思います。

親との同居もいいですね。親元から職場に通える人は家賃面では有利です。

自炊や最低限の家事のスキルを持ちながら、親元で資産形成を目指しましょう。
(家事できないと、一人暮らしを始めるときに無駄な出費になるかもしれません。)




親世代との同居はうまくいかず


私の場合、結婚して子供が生まれる前くらいのころから、一年間くらい親と同居したことがあります。

結論から言って、うまくいきませんでした。

うちは父親が50代前半で病気で亡くなっており、実家には母親が一人で住んでいました。

そこに、我々夫婦が同居を持ちかけました。


親世代と子供世代が同居するのが当たり前。

親世代もそれを望んでいる。

将来的に介護を引き受けるのも当然。



こういう固定観念に縛られての行動でした。

しかし、すぐに間違いであったと気づかされます。


同居を望まない親もいるのです。

うちの母親は同居を望みませんでした。

あまり乗り気ではなかった母親を説得して同居を始めてみたものの、母親には相当なストレスだったようです。

母は50代前半のころから、父親の遺産と遺族年金で生活していました。

その時点で、子供二人は就職していて、家のローンなどもなし。

ある意味、悠々自適でのんびりとして生活を送っていました。

そのことも関係あるのか、現役世代の私達と同じ感覚で生活するのが苦痛のようでした。

食事も自分以外に食べてくれる人がいないと自炊のモチベーションも下がり、次第にコンビニなどになる。

仕事に行く必要がないので、毎朝決まった時間に起きる必要がない。

掃除、洗濯などがテキトーでも、誰に怒られるわけではない。


個人の性格などでも違うのでしょうが、現役世代と引退世代は違う時間軸で生きていると思います。

これを無理に合わせようとすると、お互いに疲れます。


そして、もう一つ重要な要素は、義理の母親と嫁の同居は難しいです。

うちはこのパターンでした。

広くはない家の中で、嫁と姑が一緒にいるということ。

男は仕事に行ってしまえば、後は知らんふりで済むのですが、家にいる女はそうはいきません。

四六時中、狭い家の中にいます。

外出などで誤魔化しても、長期間にわたって、外出ばかりし続けるわけにもいきません。

外出すると、当然金もかかるし。

旦那と一緒にいる時間よりも、姑と一緒にいる時間のほうが長くなるようです。


炊事などの家事のやり方やこだわりも違うでしょう。

そうすると、細かいことがすべて気になってしまい、ストレスを産むようです。

主婦業を担当する立場の人が二人になると、必然的にうまく回らなくなります。

それが実の母と娘なら、なんとかなることもあるのでしょうが、義理の関係だとうまく回すのは至難だと思います。


そんなこんなで、私達の同居はうまくいかず、部署異動に合わせて再び官舎に引っ越しました。

むりくり同居すればいいってもんじゃないことを、身をもって知りました。




家は家族の状況に合わせたい


独身で住むための不動産を購入する人は少数だと思います。

一生独身を決め込んだのならともかく、まだ結婚もするかもしれない、子供も何人できるか分からない状態で、家を買うのは早計でしょう。

独身で2DKくらいのマンションを購入しても、結婚して子供が3人くらい生まれれば、狭くなって住めなくなると思います。

家族や仕事の事情を考えずに、不動産を買うべきではないと思います。


私の場合はアラフォーで子供二人です。3人目の予定はありません。

今は、田舎の広い庭付き一戸建てが理想です。

子供は7歳と4歳です。広いお庭で遊びたい年頃です。

都市部の私立の小学校や幼稚園はアウトオブ眼中です。田舎の公立で十分だと思っています。

今は、田舎がいい。


でも、子供が中学、高校生くらいになる10年後には、広い庭は必要なくなります。

代わりに必要になるのは、都市部に近い立地になると思います。

学校に行くにも、遊びに行くにも、都心に1時間以内で行けるくらいの場所には住みたいです。

そこで、4LDKくらいの広いマンションを借りる。

駅ちか物件を選び、車は持ちません。

都市部では、車はレンタカーで十分だと思います。

その後、大学や就職しても、親元から通えるのであれば、そっちの方が金銭的には有利です。

大学一人暮らしの費用は、金銭的には無駄だと思っています。(自立心は育めるかもしれませんが。)

大学時代、就職しての何年間の期間、立地条件のいい、広いマンションに住みたいと思っています。

子供が独立して、同居する必要がなくなれば、夫婦二人でもう少し狭いマンションなどに引っ越すつもりです。



今仮に、田舎に庭付き一戸建ての家を購入すれば、10年くらいはいいでしょう。

でも、その後、家族のニーズからは徐々にずれていきます。

子供が10代後半から20代前半は、田舎よりも都市部に住みたがるでしょう。

そして子供が独立して家を出ていって、夫婦二人で無駄に広いだけの田舎の家に住むのも無駄だと思います。

老後に階段を上がるのがきつくなるくらい体力的に衰えているのに、広い家に独居で住みたくはありません。

住む場所は、自分と家族の状況に応じて変えていくべきだと思っています。



以上、賃貸派の私の考えを書いてみました。
(自分にとっての確認作業みたいなものです。)


家を買った後輩

家の購入にアレルギー反応があるわたくし、カトヒレ。
反対に、家を購入することのメリットについて思いつきました。




価値観の問題


人生の充実度や価値観の面で、家がほしいという人に、私の価値観を押し付けるのはナンセンスだと思っています。

私のように、経済的合理性を追求し、快適な持ち家に住むよりも、ムカデやGが出没する官舎に住むという選択をする人間もいます。
G対策は軍曹と呼ばれるアシダカグモさんに依頼しております。

動画はグロいので控えます
アシダカグモ


キャー、お父さんクモ、クモ!

やっつけてー!



と妻が悲鳴を上げると、軍曹を潰されてはいかんと思い、軍曹には一時避難を依頼しております。

こんな感じできれいとは言えない官舎に住んでいますが、妻の理解があるからこそ可能です。


私のイメージかもしれませんが、男より女の方が、住む場所や身に着ける物に対する意識が高いと思います。

立地条件のいい、おしゃれな街に住みたいという奥さんも多いでしょう。

立地、おしゃれにこだわる奥さんに、Gやムカデ、軍曹との同居はたまらない苦痛でしょう。

どうぞ、ご自宅を購入なさいませ。合理的なお考えだと思います。





職場の後輩


私と同じく、汚い官舎に5年住んだ後輩が、最近家を買ったそうです。
32歳
勤続10年
頭金300万
ローン3500万


この話を聞いた時、

また一人の若者を食いつぶしたか!マイホーム神話!


と呪いの言葉が浮かびました。


しかし、今回は珍しく違う考えが浮かびました。



貯められない人にはおすすめ


この後輩、勤続10年やって、頭金に300万円しか入れることができなかったということです。
悪い言い方ですが、貯められない人です。

私は別に自慢でもありませんが、勤続10年の時には妻の預金も含めて2000万円以上はありました。
それなりに節約していれば、このくらいの資産は持っているはずなのです。

この後輩、地味な性格で仕事もまじめで、浪費しているように見えないのですが、車が好きなようです。
ポンポンと新車を乗り換えています。

300万しか頭金に入らないということは、親の援助もなさそうです。

彼の人生にとって家を買ったのは正解か?間違いか?


多分正解だったのではないかと思います。

家のローンは、言い換えれば強制貯金です。

毎月コンスタントに10万円くらいを貯金させられるとも言えます。

お金があると、つい使ってしまう人は、ローンという強制貯金をするのは合理的なのではないか?

と、考えることもできそうです。


家のローン、払えなくなれば立ち退くしかないでしょう。普通の人には受け入れがたいことなので、なんとしてでも払うことでしょう。

そして、今まで考えてこなかった節約について、真剣に考えるはずです。

最初はものすごい困難が伴うでしょう。生活の質を下げるのですから当然です。

夫婦で考えぬいて、切り抜けるしかありません。
真面目な彼なら、きっとできると信じます。


そう考えると、一生賃貸、貯金なしのキリギリスよりも、ローンをせっせと返済するアリさんの方が、老後は安泰かもしれません。



あると使ってしまう貯められないタイプの人が家を買うのは、合理的な判断だと認識を改めました。

視野を広く持って、人生について考えたいです。

私は一生賃貸で、目標資産1億円です。

それと並行して、転職できるスキルも身に着けたいです。

1億円が先か?転職が先か?


G、ムカデ、軍曹との同居は、しばらく続きそうです。

家についての考え

家を買うか賃貸で行くか。神学論争とも言うそうですね。




私の場合、官舎制度がある

私は職場の官舎(民間からすると社宅)に住んでいます。郊外なので、比較的広い敷地で、子供が小さい我が家にとっては大変良い環境だと思っています。この官舎に格安の家賃で住まわせてもらっています。この家にいくらまでの家賃だったら払う?と聞かれた場合7万円くらいは出せます。それが、びっくりするような格安家賃で住まわせてもらっています。このアドバンテージはデカいです。家賃代だけでも年間数十万の家計効果があると思っています。
私の場合、仮に今の官舎を出て個人でアパートに住んでも職場から住宅補助が出ます。持家になってしまうと、これがなくなりますので、賃貸の方が家計的な優位は確実です。



家族の環境は常に変化する

私の職場で、私の年齢で家を買っていない職員は圧倒的に少数派です。結婚して子供を持って家を持つという、前時代的な価値観がステータスになる職場です。私はなんとなく家を買うことに抵抗があり、たまたま購入を先送りしてきました。そして、最近になりお金について真剣に考えるようになって、やはり賃貸が有利という考えになっています。

別に私は、家を買うことの価値観を全否定するわけではありません。家族が落ち着ける場所として家を手に入れ、家族みんなが幸せな生活を送る。そのことに経済的合理性のみを追求して持家か賃貸かを議論したところで、あまり意味はないと思います。

持家はその家に30~40年住み続けなければ、元は取れません。でも、私は自分と家族の30年先をイメージすることができません。子供は海外勤務をしているかもしれないし、婿に入っているかもしれません。30年以上先のことをイメージするのは不可能だと思っています。自分の買った家を息子が継いでくれるということは、今の時代では少数のケースなのではないでしょうか。子供が成人している、15年先ですらも想像できません。そのとき、夫婦二人では必要もないほど、大きな家に住んでいるということになる可能性も大きいと思います。

家族の環境に応じて、賃貸で応じていく。今のところの方針です。



ザックリとした方針

子供が7歳と4歳なので、今のような郊外で、もう10年くらい官舎でやっていきたいです。そして、目標退職時期の10年後、都市部のマンションに賃貸で住みたいと思っています。家賃は4人家族で15万円くらい。車は持たずカーシェアリングを利用する。都市部に住む理由は子供の学校の選択肢を増やすことと、大学一人暮らしの無駄費用をなくすためです。そこに10年弱住んで、子供が独立したら、妻と一緒に手狭なアパートに引っ越す。このころは60歳に近くなっているはずです。
都市部に引っ越すときが私の人生の大きなターニングポイントになると思います。このとき目標資産の1億円に達していなければもう少し仕事をします。もう大丈夫と思えば、思い切って退職して、自由気ままな仕事で時間をつぶしてもいいかもしれません。社畜ステージからの脱出。夢です。



物質に価値を感じない

不動産を持つということは、ステータスなんですかね?私には全然そうは思えません。何せほとんどの人が借金して買うのですから。高級車に乗る人を見て、会社の税金対策で乗っているというのならともかく、見栄をはってローンを組んでまで乗る人の心理状況が分かりません。私の洋服はほとんどユニクロです。別に恥ずかしいとも思いません。腕時計は1万5000円のものを10年くらい使っています。

物欲の強い人とコスト意識のない人はアーリーリタイヤするのは難しいと思います。まあ、物欲が働くモチベーションになるのならそれでもいいでしょうし、コスト意識を考えるよりも、定年後まで働いた方が楽という人はそれでもいいでしょう。

私のコストは一日4合のお酒くらいなので、それだけ許してくれれば文句を言わない地味男です。



プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1000万              投資信託   2500万          株、ETF     200万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。具体的な金額を公開しながら、生々しい取引の状況などを見てもらいたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
104位
アクセスランキングを見る>>
リンク