2016年を振り返ってみます

2016年も終わりに近づいてきました。



みなさん、今年はどんな一年だったでしょうか。



私もこの一年のことを振り返ってみたいと思います。








資産の大きな変動があった。



リーマンショックを経験して生き残っている投資家の方からすれば、2016年の株式市場の変動など、大したものに感じないのかもしれませんが、投資3年目の私にとっては、2016年が一番大きな下げを経験したことになります。




年初から10日くらい連続で日経平均が下げ、6月にはイギリスのEU離脱、アメリカ大統領選の際には歴史に残るような上げ下げがありました。




そんな中で、株式指数上下動に一喜一憂しないはずのインデックス投資を選んでいながら、私は自分の資産を気にしてしまいました。





行動経済学では、投資家は


目先の損得には敏感だが、過去の損得には鈍感になる

損失は利益の2倍くらいの大きさで感じてしまう

損失しているという事実がストレスになると、その事実から目を背ける傾向がある




などなど、人は損失や利益に過敏になったり、鈍感になったりして、合理的ではない行動をとってしまうそうですが、これを自分に置き換えてみても、当てはまると感じています。






6月のイギリスのEU離脱の時、私は自分の損失を正確に把握していませんでした。



なぜか?



いくら損をしているか知りたくなかったんだと思います。





いまから考えるとおそらく350万円という金額の含み損を抱えていたと思われますが、その事実を認めたくなかったんだと思います。





投資をするうえで、このような行動はとても不合理なはずです。






高値で掴んで、損失が出ているとその事実に目を背けて、損切りできずに塩漬けになる。




だめだと思ったら、傷を最小限にするために損切りをするなどの行動をとるのが合理的なんでしょうが、分かっちゃいるけどできないんでしょうね。




だから、10%マイナスになったら自動的に損切りするなどのルールを自分で決める人などがいるのでしょう。






私が300万円を超える損失を出した時に、金額を正確に把握しようとしなかったのは、不合理な行動だと思います。




しかし、国際分散型のインデックス投資の最大の肝は、その投資法を続けられるかどうかなのだと思っています。







世界には70億人の人がいて、その人口は増え続ける。(少なくとも、向こう50年くらいは)


そして、日々豊かな生活をしたいという健全な欲望を持って経済活動をする。


その経済成長に乗って、分け前をもらう。


そして、株式指数などは、上げ下げを繰り返しながら徐々に成長していくものなので、数か月単位のブレに一喜一憂しない。





これが基本的な考えです。



こんな考えを持っていたので、売らずにインデックス投資を継続をできています。





インデックス投資においては、一見不合理とも思われる、損失を気にしないという鈍感さがプラスに作用するのではないかと思っています。














さて、2016年は大きな含み損を経験しましたが、トランプ相場でプラスに浮揚しました。



2018年くらいまではマイナスを覚悟していたので、以外にも早いプラス圏浮上でした。




しかし、金額にすると350万円、率にすると15%程度の含み損を抱えたくらいで心を揺さぶられているようでは、リスクを取りすぎているとも感じています。




30%の損失に耐えられると口で言うのと、実際にその損失を食らってみるのとでは、天と地ほどの違いがあると思います。




私は実際に30%の損失を食らう可能性があるポートフォリオを組んでいますが、実際に15%の損失で、ストレスを感じてしまいました。




なので、最近は、ポートフォリオのリスク資産の割合を少なくしていっています。
(e-maxisバランス8資産を200万円程売りました)





これで少しは、暴落を歓迎できるかもしれません。










ふるさと納税2年目




みなさん、ふるさと納税はやっていますか?




確定拠出年金と一緒で、これもフリーランチだと思います。




私は7万円程、ふるさと納税の制度を利用しています。




お礼の品は各自治体で様々ですね。




高級食材、米、タブレットなどの電子機器、お礼状など、寄付する先によって、リターンは様々でしょう。




そんな中で思うのは、お金を出してでも買いたいと思うものに寄付をする、というのが大切だと思います。





私は、食通どころか味覚にはまったく自身がないので、普通のご飯が食べられれば高級食材を食べたいという欲求がありません。



BBQでも焼き鳥やさんま、安っちい味付け肉などを焼いていれば、十分おいしいと思います。



A5ランクのしもふりの肉などは、脂っこすぎて一切れで十分という感じです。




酒も大好きですが、利き酒するほどの上等な味覚などなく、第三のビールの最安値のもので十分です。




こんな私が寄付するべき自治体はどこでしょうか?




イセエビやしもふり肉、地酒などをお礼の品にする自治体ではないと思うんですよね。






お金を出してでも買うものをくれる自治体に寄付をする。






これが基本だと思います。




自分でお金を出してでも買う発泡酒、実家に送るお歳暮となりえる(←ハムなど)商品をくれる自治体に寄付をしています。







こういった、クーポンの類のものは、よくよく考えて利用しないと、得したつもりで全然得してないということになりかねないと思っています。






私は少し前、株主優待を目的にした、個別株を買ってた時期があります。




実際に買ってたわけではないのですが、イオンの株を買うと、優待として買い物の金額から5%を値引きしてくれるというものがあったと記憶しています。




これ、得だと思いますか?



私がこの優待目当てにこの株を買わなかった理由は、うちはイオンで買い物をほとんどしないということでした。



普段買い物しないお店で優待される権利をもらっても、意味がないんですよね。



イオンよりも割安と思える地元スーパーがあるので、5%の優待で買い物先をイオンに切り替える魅力はないと感じたので、イオンの株は買いませんでした。





ポイントとか優待とか寄付とか、実際に自分がお金を出してでも買うものに投資をするべきだと思うんですよね。




たとえ、還元率が悪かったとしても。





お金を出してでも買う発泡酒と、自腹では買わないイセエビ。




私は、発泡酒をくれる自治体に寄付をしました。










資格など




今年は資格の勉強をするのが日常生活の一部になりました。



FP3級から始まり、2級、AFP、宅建を合格することができました。



来年はCFPを目指しています。



11月のCFPの試験は不動産と、タックスの2科目を受験しました。



予想通り、タックスは合格、不動産は不合格でした。



宅建を自己採点44点で突破しながら、不動産の試験を落としてしまいました。



次の試験は来年の6月です。



準備には半年以上あります。



あと半年で5科目の勉強をこなすことになります。



1科目準備をするのに、最低でも1か月はかかりますので、手を抜いていたら試験範囲の勉強が終わらないです。




6月に6科目すべてが通れば目標はほぼ達成です。



CFP6科目受験に合格すれば、FP1級はほぼもらったようなもんですし、講習を重ねればCFPも取ることができます。






趣味やリタイヤ目的でFP資格を持つなら、2級までで十分だと思っています。



なんで、1級とかCFPを目指すのかというと、FPの勉強が楽しいからなんですよね。



自分の自由時間をFP試験の勉強に充てたいと思うんです。



今まで、18年間仕事をしてきましたが、仕事を楽しいと思ったことはないし、プライベートの時間を自分の仕事のスキルの向上に充てようとしたこともほとんどないです。





周りの人に迷惑をかけない水準で仕事ができれば、それ以上の向上を目指す気にならない。







こういう考えは職業人として致命的な欠陥でしょう。






最近は職場の人に申し訳ないような気持ちも芽生えています。




一生懸命やっている人を裏切っているような気持ちです。








あるブログで読んだのですが、漫画を描くのが大好きな人が、名のある漫画家のアシスタントとして働いたとします。



その人は漫画を描くのが大好きなのですから、一日14時間くらい働いても苦にはならないんじゃないかと思います。



人間、好きなことにはいくらでも時間を費やせるし、向上することを目指すでしょう。









仕事そのものを好きにならない限り、本当の意味で楽しく仕事をすることはできないんじゃないかと思います。







残念ながら、私は仕事を好きにはなれなかったです。



そして、多分これからも。







まあ、でもこれが普通の日本の社畜というものでしょう。






2017年もいつも通り仕事に行って、給料をもらう生活をします。







スポンサーサイト

地銀に行ってきました。

先日、ありがたい、ありがたい、ボーナスをいただきました。



支給額は90万円を超えました。



法定控除を引いた振込額は70万円近かったです。



本当にすごい金額だと思います。



賞与なので、本来ならば会社や組織に大きな貢献をした人がもらえるというものなのでしょうが、正社員で普通に仕事をしていれば全員がもらえます。




こんなすごい金額を見てしまうと、仕事をやめてしまう気が萎えてしまいます。










さて、ボーナスの使い道ですが、もちろん物は買わずに全額貯蓄に回します。


お金を無駄遣いすればするほど、自分の時間を削られるという感覚を持っている私は、恐ろしくて無駄遣いができません。





貯金が大好きで仕方がないです。



今年、自販機で飲み物を買ったのは3本くらいです。



普段は水筒を持ち歩きます。



仕事で予想外の大汗をかいた時にやむなく自販機を利用したくらいです。





無駄金を使わないという節約は、私にとって苦痛ではなく、安心感になりつつあります。












ボーナスや給料は、就職したときに指定した、地銀に振り込まれるようになってます。



地銀で資産運用するのが不利であるのは明らかなのですが、使い勝手がいいので、ネット銀行に給料の振込を変えようなどと思ったことはありません。



まず、私が住んでいるのは千葉県の田舎なので、メガバンクの支店がありません。



窓口がある金融機関は、地銀である千葉銀、京葉銀行、千葉興銀、及びゆうちょ、農協くらいです。




私は京葉銀行を選択しているので、毎月給料が振り込まれ、妻が生活費を降ろして家計をやりくりしています。




妻はどちらかというとアナログタイプの人間なので、通帳などがない、ネット銀行などはあまり好きでないようです。



なので、地銀で日常の生活費を管理することのメリットを感じています。




日常の生活費の管理をする口座としては不満はないのですが、運用する面から考えるとあまりにもアレなので、ある程度の資産が積みあがったら、ネット銀行か証券会社の口座に資金を移しています。





今回、ボーナスをもらったことで、口座内の現金が300万円近くになったので、200万円をネット銀行に移すため、銀行の窓口に行きました。






ネット銀行はオリックス銀行を利用しています。



他のネット銀行と比べても、金利は高い方だと思っています。



現時点では100万円以上の半年物の定期預金は0.2%です。




私はSBI証券と楽天証券も開いている関係で、SBI銀行と楽天銀行の口座もありますが、両行とも定期の金利が0.1%を割り込んでいます。


SBIのハイブリット預金と楽天証券のマネーブリッジは0.1%あるので、そっちの方がまだ高いくらいに定期預金の金利は下がっていますね。





オリックス銀行の資金は400万円になりましたので、1年物の定期預金の税引き前の利息は年間で8000円になります。



このくらいの利息がつくなら、ほぼゼロ金利の地銀に置いておくのはもったいないと思うので資金を移しています。











子供の口座を動かしたときに営業された






窓口に足を運んだ目的はもう一つありました。



京葉銀行の私の口座から、毎月定額で子供の名義の口座にお金を移していました。



その積み立て額が200万円になったので、積み立てをストップする手続きをしました。





そして、この子供名義の口座から、毎月7万円、セゾン投信での積み立て投資を行っています。



投資額の累計は100万円くらいになりました。



銀行口座の中にも100万円くらい残っているので、あと14か月くらいでセゾン投信に200万円の投資が完了します。



200万円を毎月7万円、30か月くらいで分散して投資をしています。



200万円という金額にしたのは、学資保険と同じような金額だからです。




そしてこの投資信託を15年間くらいほったらかしにしておけば、倍くらいになっている可能性は十分あると思います。




子供の大学の入学費用として使うかどうかは未定ですが、子供に資産運用を教えるいい機会になると考えています。




もちろん、元本割れしている可能性も、極めて低いながらもゼロではありません。



それはそれで、自分も含め、いい勉強の機会になるとも思っています。
(この辺のことは、著名ブロガーの虫取り小僧さんも書かれてますね。)








ということで、積立額が一つの目安の200万円になったということで、積み立てを解約する手続きを窓口で行ったときに、担当のきれいなお姉さんに営業を掛けられました。





積み立てを終わりになさるんですか?

高校、大学の入学金や授業料を考えると、200万円という金額は十分とは言えません。

こども保険などはいかがですか?

契約者様の万一の場合の備えなどもありますし。







私は、こども保険の戻り率の低さや、流動性の欠如(途中でやめると元本割れする)などを考えると、保障面については定期保険で備え、運用は時間を味方につけた投信などで行った方が合理的だと考えている。



という趣旨のことを言うと、投信なら当行でも販売しているということで、今度は投信のパンフレットを持ってきました。










残念ながら、一部インターネット販売を覗いては、ノーロードの投信は置いてないんですね。



扱っている本数も50本くらいだし、ネット証券と比べると、全く勝負にならない感じです。



SMTシリーズの投信が何本か取り扱っていたので、買うとすればこれくらいでしょうが、ネット環境があるのに、敢えて銀行で投信を買う意味はありません。




ただ、ネット環境がない私の母親などなら、銀行で投資信託を買うことの意味はあるかもしれないと考えています。
(でも、手数料の高い投信への乗せ換えの営業をしない銀行だったらいいんですけどね。販売手数料3.24%、信託報酬が2%超えるような投信を売りつけるような銀行なら、平気で高齢者に乗せ換えを勧めてくるような気がします。)



やんわりとお断りすると、今度は外貨預金のパンフレットを持ってきました。










外貨預金は手数料が高いし(ドル円の往復で1円)為替の影響が大きすぎる。円よりも多少高金利であっても、為替差損で金利など一気に吹き飛ぶ可能性がある。外貨を運用するなら、外国株式や債券の指数に投資をする投資信託を保有することで、外貨を保有するのと同じような意味があり、円への一局投資状態を回避できると考えている。



ということをことを伝えてお断りしました。









最後に、また保険のパンフレットを広げてきました。




うちの母親も買わされていた、外貨建ての保険を勧められました。




ドル建ての保険です。




プルデンシャルのファイブステップアップという商品をちらっと紹介されましたが、すぐさま



外貨建ての保険は販売手数料が7%くらい取られると日経新聞で読んだ。7%という手数料を取り返すには、為替のタイミングが相当に良くないと、利益にはならないと思う。そして、途中解約による元本割れの期間がとても長いので、流動性も劣っていると思う。







提案される商品にすぐさまダメ出しを入れて、お断りしました。









窓口担当のお姉さんも、厳しい営業ノルマを課せられているんだろうと思いました。



次々に商品を紹介して、販売側に有利な商品を勧められました。




銀行も株式会社ですから、利益を追求しなければならないのは、当然といえば当然なのかもしれません。













私が資産運用を考え始めた2年ほど前、給料の振込口座である、京葉銀行で資産運用をしようと考えた時期があります。



なぜかというと、15年も給料を振り込む口座に使い、定期預金も1000万円ある。これだけメインに使っている銀行であれば、資産運用するうえで、優遇があるんじゃないかと想像したからです。





行動経済学でいう、アンカーリングというものなのでしょうか。





長年にわたり、高額な資産を預けてきた銀行であれば、必ず優遇があるだろう。








そういう思い込みが、京葉銀行で資産運用をしたいという心理にしたのだと思います。











資産運用を全く考えずに現役時代を過ごし、多額の退職金を銀行に勧められた投信などで火傷した人の体験談の記事を読むことがあります。






多分、私と同じような心理状態だったんじゃないかと思います。







資産運用を始めるうえで、長年資産を預けてきた、給料口座がある銀行の言うことなら信用できるだろう。











そして、火傷する。













資産運用やアーリーリタイヤなどは完全に自己責任です。




責任を放棄して、他人任せにしておいて、失敗しても誰も保障してくれません。








理解するのが難しい、面倒くさいことにも逃げずに立ち向かう気概がないと、リタイヤなど夢のまた夢だと思います。







トランプラリーで思うこと

12月になりました。


2016年も残すところあとわずかです。


年初からの相場の下落と円高で、今年中に投資の含み損を脱出することはないだろうと思っていましたが、トランプラリーでリスク資産が上昇中です。







リスク許容度について






11月8日のアメリカ大統領選のあった日(日本は9日)、仕事が休みだったので、一日中テレビで開票結果をチェックしていました。


クリントン氏有利と大方の人が思っていたのでしょうが、トランプ氏が終始リードで開票が進んでいきました。


日経平均株価と円相場を確認しながら開票の状況を見ていると、トランプ氏有利が伝わるにつれ、円高株安が進行。



まさに、市場が青ざめているという感覚が伝わってきました。




その日の終値は前日から900円以上も下げ、明日はどうなることやら、と思っていたら、翌日は急反発で1000円超の値上がり。








トランプ氏の勝利宣言が、以外にもマトモだったのが理由だったとか。








それから約1か月、円安と株高が進行。


私の含み損も大分少なくなりました。


一時期は300万円を超えていた含み損は、最近は30万円くらいになりました。













リスク許容度について考えてみます。






今年の私の投資の最大時の損失は300万円以上で、下落率にすると15%くらいでした。



6月24日のブレグジットの辺りだったと思います。



日経平均が15000円割れ、ドルも100円を割りました。




このときの損失は350万円くらいだったと思います。





この損失を見て、私はリスク資産を売ろうとは思いませんでした。




含み損は確かに気持ちのいいものではありませんが、このくらいの下落は当然考えられるポートフォリオを組んでいる訳ですから仕方がないと考えることができました。








私が投資をしているバランス型のインデックスファンドでも





期待リターン4%

標準偏差(リスク)13%




くらいと考えています。










私のザックリとした認識ですが、



上記のリスクとリターンのポートフォリオを組んで一年間経った場合、


1標準偏差の場合、68%の確率で


17%から-9%のリターンの幅に収まる。(4%+13%または、4%-13%)






そして、2標準偏差の場合だと


95%の確率で


30%から-22%のリターンの幅に収まる(13%×2+4%または-13%×2+4%)





だから、2標準偏差を超えるような、リーマンショック級の不況が来れば、-30%というリターンになりうる。







ふむふむ、なるほど。





じゃあ最大損失を-30%と考えればいいのか、というと、そういうわけでもないようです。



5%の確率で2標準偏差が来るとして、それが2年続けて訪れることもありうる。



5%×5%だと、1000回に2.5回になります。


1000年に2.5回は、この不況が続くこともある。
















理屈では年間で30%の下落があり得ると思っていても、実際にそれだけの損失を食らっても耐えられるのかは別問題でしょう。








そして、私は15%という損失を受けて、売ろうとまでは思わなかったものの、気持ちのいいものじゃないという感覚を持った。


こういう感覚を持つということは、リスクを取りすぎている証拠なんじゃないかと思っています。



下落や損失を歓迎できるようなポジション(現金を多く持つ)の方が健全な気がします。












私の影響を受けて、証券会社で口座を開設して投資信託で投資をしている友人がいます。



その友人は今年の初めころから積立とスポットを併用して投資信託を買い付けています。



投資しているのは、私と同じような国際分散型のバランスファンドです。



既に、200万円くらいは投資しているようで、最近含み益が10万円を超えたそうです。



彼が嬉しそうに、ちょっと興奮した様子でそのことを話すので、逆に心配になってしまいました。



含み益が10万円ということは、リターンはプラス5%くらいでしょう。



これくらいのリターンは全くの想定範囲内であり、逆にその倍くらいのマイナスを食らうこともよくあることでしょう。



そして、そのマイナスに心が揺さぶられるのなら、リスクを取りすぎていると思います。






マーケットが好調な時ほど、リスク許容度について考えた方がよいと思います。





不況時にリスクを取り過ぎていたと後悔しても、時すでに遅し。

身動きが取れなくなってしまいますからね。








でも、個人のリスク許容度というのは、知識や経験でも変わっていくものだとも思います。






私もワクワク、どきどきで資産運用を始めましたが、仮に始めてから一カ月後に300万円の含み損を抱えたら、耐えられたかどうかわかりません。






自分のリスク許容度というものを確認しながら、マーケットで生き残っていきたいです。





プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1000万              投資信託   2500万          株、ETF     200万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。具体的な金額を公開しながら、生々しい取引の状況などを見てもらいたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
132位
アクセスランキングを見る>>
リンク