FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月になりました。

8月になりました。



相変わらず楽しくない仕事を続けています。



そして、増え続ける資産。



給料の魅力に取りつかれて、仕事が辞められないです。











結婚10周年を迎えた。





先月末に妻との結婚10周年を迎えました。




結婚10周年というと、まだまだ10年と思う反面、夫婦がお互いに、それなりの忍耐力があったからこそ、10年間続いたのだとも思います。







我が家は結婚記念日の夕食に、大きなローソクを灯す習慣があるのですが、結婚当初に妻が用意したそのろうそくには文字が刻まれています。








1YEAR    PAPER


25YEAR   SILVER


50YEAR   GOLD







結婚1周年は、紙ほどの価値しかないという意味のようです。















さて、結婚して子供が生まれると、家庭は子供中心になります。




それまでは夫婦の価値基準で決めていたことが、子供が生まれると、子供にとっての最善は何かということが判断基準なりました。









ウチもそうですが、夜寝るのも、母親と子供が一緒で、父親が別の部屋で寝るという家庭が多いんじゃないかと思います。





アメリカの家庭だと、子供は小学生くらいになると、子供部屋を与えられ、そこで寝るそうです。




寂しくても、夫婦の寝室に入ることは許されず、自分は夫婦とは別の存在だという考え方を教え込まれるそうです。








私は子供が大事だし、きちんと育ってもらいたいと思っていますが、お互いに依存しすぎるのは良くないのではないかと感じています。









子供は成長して大人になり、いずれ親元を離れます。




そして、別の家庭を作ることになります。








いずれ離れていく存在に過度に依存すると、抜け出せなくなるような気がします。





子供が親の経済力にいつまでも依存するのは不健全だと思うし、親が子供を自分の老後の保障のように考えるのもおかしいと思います。






子供はあくまで別の世代の存在であり、運命共同体にするべき存在だとは思いません。










自分の運命共同体は、配偶者であると思います。





子供は運命共同体ではなく、配偶者と結婚したことによる、たまたま恵まれたオプションくらいに考えるべきだと思います。






ウチは長男が9歳、長女が6歳になり、子育ての一番大変な時期を乗り切りました。





大変だった時期は、日々の生活をこなすのにやっとで、子供と親の関係など考えませんでしたが、最近は、自分が一番大切にするべきなのは、配偶者である妻なんだと感じるようになりました。









当たり前と言えば当たり前のことかもしれませんが、そんなことにも気づかなくても、見切り発車で誰でも結婚はできます。




だから、結婚1周年は紙くずほどの価値しかないのかもしれません。







子供が成長するまでは、我慢して結婚生活を続けているものの、子供の独立とともに満を持して離婚するような夫婦にはなりたくないですね。






そもそも、なんで結婚したのか分からんじゃないですか。












仕事を続けることと、辞めることのジレンマ





今の私の仕事で身につくスキルは、他の職場で全く生かすことが出来ません。




転職は極めて難しい立場だと思います。




私は今年で42歳になります。




年齢的にも不利です。





年齢が30歳くらいまでだったら、「元気とやる気と明るさで頑張ります!」なんて言えるんでしょうが、40歳過ぎてそんなこと言ってたらイタイですよね。





それでも、少しでも若い方がいいのであれば、43歳よりは42歳の方が有利です。




自分の人生で一番若い瞬間は、今なんですよね。





転職するには、今が一番有利だということです。










しかし、今の仕事を続けると、相応の給料がもらえます。




そして、年間300万円くらいを貯蓄に回しています。








仕事を早くやめると転職に有利で、資産的には不利。



仕事を続けることは資産面は有利で、転職には不利。





ジレンマです。











なんでそんなに仕事を辞めたいかっていうと、仕事が楽しくないからです。






基本楽しくない仕事を如何に人間関係などで消耗せずに、最低限の苦痛度で仕事をこなすかということを考えています。





こんな風に思うのは、私だけではなく、職場の多くの人が感じているようです。






面倒な仕事が入ったという連絡を同僚から受ける時、「悲しいお知らせです。」という枕詞を付ける人がいます。







仕事がそもそも悲しいっておかしくないですか?







楽しいことを仕事にできたらいいんですけどね。









それと、選ばなければ転職は可能だとも思っています。




有効求人倍率が1倍を超えるような売り手市場なので、何かしら仕事はあるでしょう。







しかし、転職しても楽しくない仕事をするんだったら何の意味もないんですよね。





そんだったら、今の好待遇の仕事を続けます。








ブログにFP資格のことを書きますが、なんでFPを勉強しているかというと、勉強自体が楽しいからです。





好きでやっているので、自分の時間を費やすのが苦ではありません。







FP資格を就職に活かすというのは難しいようですが、好きなことを見つけるというのが最初の一歩かもしれません。






スポンサーサイト
プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
613位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
87位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。