FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療保険不要、自ら体験。

カトヒレ、日帰りで手術してきました。
手術費は54万円。実質負担はいくらか?




医療保険


昨年4月の節約を意識するまで、私はがっつりと医療保険にも入っていました。

共済組合で1日入院13000円、妻、子供二人は6500円。
保険料は月に1万円近かったです。

医療保険について、今更説明も不要でしょうが、自分のためにザックリとおさらいしてみます。


そもそも、なぜ医療保険がダメな商品なのか。

それは、もらえるトータル金額が少ないから。
入院日額30日、60日、120日とそれぞれあるが、日額1万円なら、それぞれ、30万円、60万円、120万円の保障。

つまり万一の数千万円とかの支払いに備えるという商品ではない。



また、退院した後、同じ病気で180日以内に再び入院した時は、前回と同じ入院とみなされ、1入院とみなされてしまう。

そもそも、一生で1095日というという入院日数も設定されているため、奇跡的な入院歴を繰り返してもせいぜい1000万円くらいの保障で、5000万円とかもらうのも無理。

イメージとして、20歳から70歳までの間に200万円保険料を納めて、100万円くらい支給されるのが一般的な受給となる。



私の治療費は2万5000円


私は54万円の手術を受けましたが、実質負担の治療費は25000円でした。

まずは、公的保険である健康保険の3割負担。これで18万円くらいで済みます。

さらに、高額療養制度があるので、1か月のMAXの治療費は9万円弱。

それに、共済組合からの給付で実質負担は25000円で済みます。



私は医療保険に一切入っていませんが、仮に入っていたとして、今回の手術で給付される額はいくらか?

答えはゼロ。(私の共済に限っては)

まず、私は入院していないので、入院日額いくらという保障はもらえません。

さらに、結構おいしいと思われる、手術給付金(それぞれの治療の重さによって入院日額の10、20、40倍などが決められている)も対象外でした。

手術給付金は健康保険対象外のレーシック手術に給付されたり、健康保険対象の扁桃腺手術に給付されないなど、保険会社の商品によってそれぞれ違う。

今回の私の手術は医療保険の給付対象外でした。




局所麻酔での手術


今回は、私の人生で二回目の手術でした。

一回目はレーシック手術です。

点眼の麻酔薬を投与して、角膜を切除、レーザー照射後、はがした角膜を接着。それで終了。痛みは全くありませんでした。

楽勝でした。



今回の手術は結構きつかったです。

内容は上半身にできた腫瘍の切除です。

まず、顔に布を当てられ視界を遮られます。

そのあと、麻酔を手術部位に注射。チクチクと10か所くらい。

麻酔が聞いてきたところで手術開始です。

麻酔が聞いているところ以外の感覚や意識が鈍っていないので、今何をしているのか想像できてしまうんです。

はさみで自分の肉が切られてる音がリアルに聞こえてくるんですよ。

ざくっ、しゃこ、ぎっぎっぎっ

そして、背中に液体が流れる感覚がリアルにわかる。生あったかい!

だよね?やっぱり。

ざくっ、しゃこ、ぐっぐっぐっ、とろーり!


自分が生身の生きた人間であることが感じられました。

早く終わってくれー!と心で叫びながら、ひたすら我慢。

長い40分間でした。



男ってこういうのに弱いんですかね?

多分、女の人の方が強そうな感じがします。


全身麻酔だと、前日から食事制限とかがあり、体にかかる負担も重いようですが、寝ている間に終わっているなんて聞きます。

でも、局所麻酔はメンタル的にきつかったです。

手術を舐めてました。


こんなきつい思いして、給付されない医療保険、許さん!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
613位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
87位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。