FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5か月ぶりの水準で気付くこと

世界経済全体的に、5カ月前くらいの水準に下落しているようです。





リアルとバーチャル


先週、ギリシャの国民投票に揺れている時に、あるアナリストが

ギリシャはバーチャル、リアルは中国とアメリカの利上げ

と言っていたのを思い出します。

ギリシャは大したことがない。本当の問題は中国とアメリカ。


たまたま当たっただけか、どうなのか。ギリシャの国民投票が行われることが決定してから、株価も慌ただしくなってきましたが、週末には落ち着きを見せるということを繰り返してきた世界経済と、日経平均。


しかし、リアルショック?の中国株式市場のショックにより世界経済、日経平均もいいように弄ばれる様相。


今後の展望などは知る由もありませんが、私の投資対象の世界経済インデックスファンドも21000円を割れました。

買い時かと思うので、プチプチ買い増しを実施中です。




リスク資産と現金の保有率


これ、永遠のテーマなのですかね?

下落した時、ナンピン的に世界経済インデックスファンドに突っ込んでますが、どのくらいのペースで突っ込むのかにも悩みます。

張り切り過ぎて早期に弾切れ(現金が尽きる)になって、さらに数年間下落が続くかもしれないし、ビビっての機会損失も、もったいない。

悩ましいところです。


でも、個別の銘柄に突っ込んでいるわけではない、という安心感は絶大です。

個別の銘柄なら、個々のケースのリスクもあるのでしょうが、

世界経済は、数十年単位で成長することに疑いはない!

という、思いこみで投資をしています。

投資対象に、不安がないので、その辺は気楽です。




口座の整理に悩む


我が家は4人家族で、それぞれの名義の口座があります。

今のところ大雑把に、

私、
SBI証券  2000万
セゾン投信 500万


楽天証券  500万


残り
現金、保険1000万

この残りには子供の名義400万、妻の養老保険200万などもあります。


もちろん、証券会社にも現金が残っています。でも、下落時に突っ込みたい私の稚拙な投資心理では、現金がいつファンドに化けるかわかりません。

証券会社に入っている3000万円の中で、生活防衛資金を確保しておくのは、心理的に難しそうです。


また、来年や再来年からは、ジュニアニーサや公務員でもDCが使えるようになりそうです。

毎月の積立だけでその枠を埋めていくとなると、生活費がきつくなりそうです。その分の資金も確保しておかないとならないし。




生活防衛資金の置き場所


私はこれまで、明確な生活防衛資金を位置付けずに来てしまいました。

投資が2000万円、預金が2000万円。

だから、生活防衛資金は十分。

こんな感じで、生活防衛資金の置き場所を明確にルール付けしていませんでした。

でも、下落時に調子に乗って突っ込んでいく私の性格からして、これは危険かと思います。

どんなに、買い時と思っても手を出すことがないお金、それが生活防衛資金であるべきはずです。


金額としては、2年分の生活費の600万円くらいでいいと考えます。

また、置き場所としては、ゆうちょ銀行の定期貯金がいいと思います。

全国に24000店舗を持つゆうちょであれば、災害時でも身近に店舗があるので、安心できそうです。

そもそも、生活防衛資金に、利率なんぞを求めてもしょうがないと思います。

妻名義のゆうちょ口座に600万円入れておく。

そうすれば、私が引き出すことは不可能です。

私は安心して証券会社の口座で、ファンドを買っていけそうです。



投資を始めて2年目になりますが、今更、生活防衛資金のあり方について考えています。

見切り発車でやってみて、理論は後付け。

投資をすることで、自分の性格を知る機会にもなっている気がします。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
159位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。