FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺族年金と生命保険

我が家の生命保険について計算してみました。

民間ではありません。遺族年金です。
(私は民間の生命保険に一切入っていません。)



公的年金のパワー


私には家族がいます。

簡単に死ぬわけにはいきません。

だから、民間の生命保険に入っていました。

保険屋さんに言われるがままにです。


終身の生命保険で特約MAXで、月々2万円、死亡保険は2000万円に入ってました。

生命保険は、遺族年金と資産を勘案して、足りない部分を補うべきです。

資産を勘案せずに保険を勧めるから、おかしな話になるのです。

私は、保険の販売員と話をしたとき、資産について聞かれたことはありませんでした。

資産数十億の億万長者と、資産ゼロで子供10人のお父さんが、同列に扱われるのに無理を感じます。


ゴテゴテの保険長者の状態とは

ドラクエの主人公がレベル1のくせに、ロトの剣とロトの鎧を装備しているようなもの。

毎月、高額なレンタル料が発生し、いつまでもレベルが上がらない状態。

そんなもんやめて、自分がレベル30くらいになれば、どうのつるぎでも十分強いはずです。



今の私はレベル15くらいでいることに気づいて、生命保険を解約しました。




公的年金


最強の生命保険、医療保険、個人年金保険を兼ね備える公的年金について、改めて感心します。

私は、共済長期掛け金という名目で、毎月の給料から35000円くらいが引かれています。

給与明細について、真剣に考えたとき、金額の高さに驚きました。

そもそも、なんなんだろう?

と、思ったら、これが年金部分のようです。


仮に自分が自営業だったとすると、国民年金部分が16000円くらい。

妻の分も払うとすると32000円。

さらに2階、3階建て部分の共済年金部分を積み立てたとすると、支払いは月々7万円くらいになります。

なぜ35000円でいいのか?

それを会社が半分支払ってくれるから。


会社、ありがとう!

こんなことを考えると、アーリーリタイヤが遠のきます。



遺族年金を計算してみた


民間の生命保険は、遺族年金で足りない部分を補うオプションであるべき。

アラフォーの私と妻。子供が7歳と4歳。

私が死んでしまったとき、妻が65歳までにもらえる遺族年金は3600万円くらいになります。

多いのか、少ないのか、ビミョーな数字に感じました。

第一子が18歳までは年間180万。

第二子が18歳までは年間160万。

妻が65歳になるまで年間100万。

この計算で3600万になります。


ビミョーなんですよね。多すぎず、少なすぎず。

結局は、どんな支出をするかによるのでしょう。

死亡保険を2000万円にするか、3000万円にするか、悩んだ時期もありました。

でも、贅沢すればアウト、倹約すればセーフ。

妻に、倹約生活を身に着けてもらう方が、生命保険の3000万円より、よっぽど価値があると思います。




私は金を使わない、方だと思う。


私の趣味はランニングです。掛かる費用は靴とウェアだけです。

毎日40分のランニング後に、ぶら下がり健康機で懸垂を15回やり、腕立て用のグリップで30回腕立てをします。

ジムに行く必要性を感じません。


昼飯は、妻のお弁当です。

都合がつかなければ、自分で用意します。

何も考えずに500円弁当を頼むのは、怠慢であると考えます。


飲み物は水筒のお茶です。

煮出して、2リットルを作り、冷蔵庫で冷やして、水筒で持ち歩きます。

自販機を使わず、みじめに感じたことはありません。

ペットボトルに水道水を詰めて持ち歩く域には達しませんが…
セミリタイヤ生活の綴り


酒は、浴びるほど飲みます。

国内最安の発泡酒を、自宅で飲みます。

キャバクラのおねーちゃんを相手にするより、妻にアーリーリタイヤの夢を語って、閉口される方がよっぽど楽しいです。

あー、楽しい。


先日、下の子が4歳の誕生日を迎えました。

ケーキやおもちゃで5万円くらい使ったと思います。

子供たちは大喜びです。

使え、使え。お金の有難さを味わうがよい。我が家のミニデーモンたち…



結局、金は単なるツールと思います。

どういう使い方をするのかで価値はいくらでも変化します。

こんな金銭感覚で生活し、公務員の私でも年間330万円貯金できました。



遺族年金の話から飛びました。

節約しましょうね。ってことでチャんチャンとします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
159位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。