FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の家族旅行で感じたこと

先日、家族4人で旅行に行きました。

結構、色々なことを感じましたので、記録しておきたいと思います。




旅行内容


職場の同僚4家族、14名(大人7人、子供7人)でした。

年齢は、大人28歳~42歳、子供2歳~8歳

日帰りで、新宿駅発の特急に乗り、山梨県の石和温泉駅で下車。桃園での桃狩りプランです。



我が家については、朝イチで山手線内の半蔵門駅のホテルに車を駐車。

地下鉄で新宿駅まで移動。

みんなと合流し、山梨県にGO。

桃狩り終了後、半蔵門のホテルに宿泊。

翌日は、東京スカイツリーに登る。


大雑把にこんな感じでした。





車での移動は、余裕を持って


新宿駅の特急電車は10時30分発です。

既に切符は買ってあるので、遅れたら払い戻しはできません。

金額も、家族4人で25000円くらいで、切符を買いなおして行くのは、かなりきついです。

そもそも、同僚とその家族との会話を電車内で楽しむということが、この旅行でのメインテーマとすら考えます。

1本後の電車で追いかけたところで、旅行の価値そのものが、大きく毀損しています。

山梨での滞在時間は、わずか4時間30分の弾丸ツアーです。



この旅行、新宿発の電車に遅れてしまっては、修正不能の旅行なのです。

それについて、深く考えずに、車で行くという選択をした、わたくしカトヒレ。


朝の7時に出発します。

2時間30分くらいあれば、着くであろうという、ザックリな感覚で出発時間を決定しました。

9時30分に、半蔵門のホテルに駐車し、地下鉄で新宿駅まで行く。そんなプランでした。

最寄りのインターから高速道路に乗り、首都高を目指します。

そして、渋滞に捕まり、8時過ぎからまずい!

ひょっとしたら、間に合わないかもしれない。

と、焦り始めました。


そして、10時30分の電車に間に合わなかった場合について、どうするのか考えを巡らします。

この旅行で、電車に乗り遅れることは、旅行そのものをキャンセルすると言うに等しいです。


しかし、電車に間に合わないことで、他のメンバーに迷惑はかけません。

電話一本で、許してくれると思います。


失われるのは、電車代の25000円。これはもう仕方がないので、あきらめます。

後から違う電車で追いかけるのも、金銭的にも時間的にも現実的ではありません。


この状況で、今日一日をどう過ごすか?

考えを巡らします。


東京には家族で楽しめるテーマパークがいっぱいあります。

東京ドームシティ、東京ソラマチ、東京タワー、サンシャイン水族館、お台場、上野動物園など、すぐに思いつくだけでも、これだけ出てきます。

よし、間に合わなかったときは、気持ちを切り替えて、今日一日は東京観光だ!


ここまで、自分の頭の中で予防線を張っておき、妻に切り出します。



ひょっとしたら、間に合わないかもしれないよ。


私もそんな気がしてきた。どうする?


謝りの電話を入れておけば大丈夫だよ。次の電車で追いかけるのは、現実的じゃないと思うよ。


じゃあどうするの?


せっかく東京まで行くんだから、今日一日を楽しまなきゃ損だよ。遊ぶところはたくさんあるし。


うーん。そうだね。


カトヒレ夫妻は、電車に乗れなかったとしても、パニックに陥らない腹づもりを準備しました。

このような気持ちの準備をせずに、電車に間に合わなかったときにパニックに陥らなくて良かったです。



結局その後、渋滞は解消し、予定時間の9時30分にホテルに到着です。

よかった。間に合った!





日本を引っ張るエンジン、東京に圧倒される。


半蔵門のホテルに車を止め、地下鉄を乗り継いで新宿駅に向かいます。

7歳と4歳の子を抱えて、地下鉄の入り口に入ります。

地下4階くらいまで、エスカレーターや階段で下っていきます。

えっちらおっちら階段を下りていると、周りの人の歩くペースの違いに気がつきます。

みんな、歩くのが早いんですよね。

平日ということもあったのでしょうが、ビジネスマンや学生さんがチャキチャキと歩いています。

子連れの私とは、明らかにペースが違います。



東京にはたくさんの地下鉄が走っており、慣れていない人が移動するには労力がいります。

確かに便利なんですけど、たくさんの路線や駅をうまく駆使して、移動するには、ある程度の慣れと情報処理能力が求められると思います。

半蔵門駅から半蔵門線で二駅乗って、青山一丁目で大江戸線に乗り換え新宿につきました。

乗り換えの際の移動には、歩くスピードと、看板を見ながらの情報処理能力が求められます。

私は下の子供をだっこしながら、周りの歩くペースで歩き、看板を探しながら、自分の乗るべき乗り場を探します。

妻は、上の子の手をつなぎながら、私にひたすら着いてきます。


そして、感じました。

ここは、強者の街だ。

弱者に厳しいとまでは言いませんが、明らかに強い方が有利です。

少なくとも、杖を突いた老人になってから、ここに来たいと思いませんでした。

大学生の時は、そんなこと全く感じませんでした。

自分が子連れであるという、強者ではない立場に立ってみて、初めて感じました。


そして、東京一極集中などと批判気味に言われますが、東京がガンガン稼ぎ、地方に援助を回す図式を見た気がします。

私的には、疲れてしまいそうなので、あまり都会は好きじゃありません。

東京にはガンガン稼いでいただいて、子連れの私は、田舎でのんびりやらしてもらいます。




思い出は親のエゴ、おもちゃは子供のエゴ


なんとか、新宿駅の特急の出発時間に間に合い、仲間と合流します。

会話を楽しみながら、山梨県の石和温泉に到着。

桃園に移動して、桃狩りを楽しみます。

美味かった~

同僚が、普段見せないような大汗を流して桃を狩る姿を見て、「人は仕事より遊びの方が真剣なのは当たり前だよね~」などと冗談を飛ばしながら楽しみます。


さて、桃狩り終了。

帰りの電車の時間まで、あと2時間あります。

この2時間をどういう過ごし方をするのか?


みんなは、となりの甲府駅まで移動して、ワイナリーや出店での食べ歩きを楽しむそうです。

私達一家は、石和温泉駅前のイオンに行くことにしました。

ここまで来てイオンか、と言われそうですが、これは私の選択です。



桃狩りの最中、子供たちは桃狩りを楽しむよりも、他の子供と鬼ごっこをしたりしています。

親たちは、せっかく来たんだから、桃狩りをしてみない?

と水を向けても、そっちのけです。



せっかく来たんだから、思い出づくりをしなきゃ損よ。桃狩りを楽しみなさい。

これは、完全に親のエゴだと思うのです。

この思い出作りにかかる費用を、子供に自由に使っていい、と言ったらどうなるか?


うちの子に関しては、100%おもちゃに化けます。

任天堂DS、仮面ライダードライブ、妖怪ウォッチ、プリンセスプリキュア

子供に思い出づくりを強要するより、好きなおもちゃを買ってあげよう。そう思いました。


だから私は、桃狩りの後はイオンに行って、おもちゃを選ばせました。

子供たちは大喜びでした。

きっと、甲府に連れていって、思い出づくりを強要しても、有難迷惑だったと思います。


かといって、そもそも旅行などには来ずに、旅行費用全額をおもちゃに費やすのも、やり過ぎでしょう。


思い出づくりは、親のエゴ、おもちゃは子供のエゴ。

どちらかに偏りすぎてもよくない。

そんなことを感じました。




帰りの電車は、お父さん会


新宿までの帰りの電車は、予定通りのお父さん会です。

ビールも入り、楽しかったです。

これも楽しみの一つです。

組織で、あと20年以上働かなければならないプレッシャーを感じながら生きていく、お父さんたちと話ができて楽しかったです。

一部の仲の良い同僚には、私のアーリーリタイヤプランを話してもいます。

さすがに、このブログの存在は教えていませんが。

やはり、みんな色々なことを考えて、仕事をしているのだと思いました。




翌朝は、皇居ラン


半蔵門のホテルに宿泊後の朝、皇居を2周しました。

皇居を走るのは実に5年ぶりです。

皇居は1周約5キロのやや起伏ありの周回コースです。

最近のランニングブームにより、皇居ランも有名になりました。

平日の朝にもかかわらず、ランナーがいっぱいいます。

きれいな女子ランナーを指す、「ビジョガ-」たくさんいました。


私は皇居を2周、52分くらいでゆっくりと走りました。

1キロ5分20秒くらい、時速にすると11キロくらいです。


そういえば、5年前、皇居のレースで、3位に入賞しました。

皇居を2周、10キロを34分くらいで軽く走ってました。

当時は、月に500キロくらいの練習をしていたので、そのくらいで走れました。


今は、毎朝7キロくらい、月に200キロくらいの練習です。

もう一度、本気のランニングをやってみても、当時のようなタイムを出すことは無理でしょう。

それは、老いているからです。

私は、確実に墓場に向かって進んでいます。

5年という年月は、それを感じさせるのに十分な時間でした。





単なる家族旅行だったのですが、色々なことを感じたので書いてみました。

ガタガタ抜かしましたが、楽しい旅行でした。

書きませんでしたが、東京スカイツリーも良かったです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
159位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。