スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界経済

中国発の経済不安が世界経済に影響を与えています。




仕込み時期にはチャンス


2014年6月から投資を始めた新参者の私としては、今はまだ仕込み時期です。

下がってくれれば買い増すだけです。

仕込み時期においては、下落相場はチャンスです。

そして、含み損というトンネルが長ければ長いほど、得られる果実も大きいことでしょう。


今日も上海市場が8%くらい下げていたので、欧米株も影響を受けるでしょう。


しかし、アメリカ経済は回復に向かい、利上げの時期を探っています。

日本企業の業績も好調で、当面の株価の下げは中国の影響だと思います。

欧州はどうなのかな?

ドイツを中心に、そんなに悪くないような気がします。


中国経済の減速が、産油国などの資源国の経済を圧迫し、欧米日の株価の足を引っ張っている。

しかし、中国一国の減速だけで、世界経済全体がメタメタにやられてしまうのでしょうか?

そんなに悲観しなくてもいいような気がする私は、のんびり屋さんでしょうか?


昨年から投資を始めて、最大時の利益は8%くらいでした。含み益は130万円くらいでした。

今はほぼトントンです。

別に、利益確定しておけばよかったなんて思いません。

遊びで買っている、原油やベア系のETFなら売り時外して儲け損ねた!なんて感情も持ちますが、リタイヤするための数千万円の運用について、100万や200万でガタガタ抜かす気はありません。


20年とか30年とかいうスパンで運用を考えるのであれば、下落相場はチャンスです。

そして、3年とか5年くらいの比較的長い期間の含み損状態を耐えられれば、必ず大きな見返りがあると信じてます。


今日も、世界経済インデックスファンドを買い増ししました。

初めて体験する大幅な調整局面かもしれません。

ちょびっとワクワクします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。