FC2ブログ

下げ相場での心理

2014年6月から投資を始めて、初めての下落局面になります。

感じたことを書いてみます。




100万の損失を笑えた


24日、25日の株安で損失が100万円を超えました。

別にショックはありません。

職場の同僚で、親しい人に

昨日のクラッシュで100万円飛んじゃったよー

と笑って話せました。

ドン引きされましたが、私の変人ぶりを知っている人なので、

こいつならやりかねない

と思ってもらえたと思います。



1年前の私なら、多分笑えなかったと思います。

今はなぜ笑えるのか?

それは

積み立てで国際分散投資をして、10年以上にわたって負け続けることは考えられない

という信念がさらに強くなったからだと思います。

一年前も、理論の上ではわかっていても、確信を持つことができていなかったと思います。

それだけ、投資に対するメンタルが育ったのかと、少し自信を持ちます。




そこは底か?


上海市場に足を引っ張られる世界経済は15%くらいの損失を食らったようです。

果たして今は、世界経済の転換期なのでしょうか?

これから4~5年間にかけて、今までとは反対の下げのトレンドが中期的に続くのでしょうか?

それとも、そんなに心配しなくても、一過性のバーゲンセールに留まるのか?


バーゲンセールなら、今日にでも比較的多くの追加投資をした方が得でしょう。

1か月くらいで日経平均が21000円の水準に戻るのなら、ガツッとした追加投資が正解かもしれません。


でも、5年くらいの下げトレンドの中であれば、一気につかむと、その後の下落を拾えません。

この場合、追加投資はじわじわとしていった方が、好結果をもたらすでしょう。


比較的短期の下落とみるか、長期の下落トレンドになるか。

その判断が投資の結果に影響します。

運も関係あることでしょう。




1か月で戻らないと思う


私の相場観などを聞きたい人は世の中に一人もいないと確信しますが、私の相場観は私の資産に影響します。

なので、あえて書きます。

笑ってください。


中国経済の失速は、資源安を招いています。

原油や金属などの資源は格安になっています。

新興国の多くは資源国です。

新興国経済は結構なダメージを受けているようです。

私はSMT新興国株式ファンドも所有していますが、基準価格は4月末に27000円だったのに、最近は20000円を割れました。

3カ月で25%くらいの下落です。

この爪痕が1か月くらいで回復するとは思えません。

でも、好調なアメリカ、堅調な日本、まあまあな欧州の経済を考えれば、世界経済全体がメタメタにやられ続けるというまでは感じません。

半年や1年くらいは悪くても、そのうち戻ると思います。





リスク許容度


私は世界経済インデックスファンドとセゾンバンガードをメインに投資をしています。

最大時の損失は30~35%と考えています。

私の資産は4000万円付近です。

今はまだ2500万くらいのリスク資産の保有です。

遠くない将来、生活防衛資金の500万を除いて、3500万くらいのリスク資産を保有したいと思っています。

3500万の投資をして、30%の下落を食らえば損失は1000万円くらいになります。

1000万円の損失を見ても耐えられるだけのメンタルを持てるのかどうか?


これから、損失が200万、300万と増えていっても笑い飛ばしていけるかどうかの勝負です。

インデックス投資は誰がやっても結果がほとんど同じという特性があります。

そうすると、必要なのは知識ではなく、メンタルです。


世界経済の成長を信じる!

この思いが強い人が勝者になると思います。

まだ大丈夫です。100万円くらいの損失でガタガタ抜かす気はありません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
906位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
126位
アクセスランキングを見る>>
リンク