費用対効果

費用対効果を考えることは、生きるうえで、大変重要だと思います。




仕事と給料


仕事は自分の時間を会社に差し出すことでもらえる対価と考えます。

生きがいや社会的地位の維持のために仕事をする人もいるでしょうが、私の価値観としては、あまり重要ではありません。

私は給料をもらえるから仕事をしています。

そして、リタイヤに必要な資金が手に入れば、仕事を辞めます。

仮に宝くじに当たったらどうするか?(←私は買っていませんが)

私は仕事を辞めます。

理由は、私が生涯で必要なお金は1億5000万円だからです。

私は40歳なら1億5000万円、50歳なら1億円を必要額と想定しています。

それ以上のお金は必要ありません。

だから仕事を辞めます。


さて、費用対効果です。

私は職場で主任という立場です。

いい年して、出世は全然していません。

私の同期生の多くは課長になっています。

仲の良い同期の課長と給料明細の見せ合いっこをしました。

本給で月5万円くらい違いました。

ボーナスを含めた年収の差は150万円くらいなります。

へー!すごい給料もらってんねー

と言ってやりましたが、本心ではありません。

費用対効果が低すぎるのです。

日本人は働き過ぎだと言われます。

正規雇用の労働者の平均勤務時間は横ばいで2000時間付近です。

非正規の人は右肩下がりで下がっているようですが。

年収を2000時間で割ると、時給が出ます。

私の年収が700万円とします。

そうすると時給は3500円になります。

私のようなハンパもんが、もらい過ぎだと思っています。

さて、同期の課長の場合です。

年収850万円、年労働時間2500時間とします。

これで、時給を出すと3400円となります。

偉くなって給料が上がったところで、労働時間が長くなっては元は取れません。

うちの職場の課長職は総じて労働時間が長いです。

その先の部長になっちゃうと楽勝すぎるんですよね。

当たり前の話ですが、部長になるには、まず課長にならなくてはなりません。

その課長時代を経て、部長に上がる順番を待っています。

最速ペースで出世をしてきても、一度のヘマや部下に足を引っ張られると万年課長になります。

課長は悲惨です。寿命を削って仕事をしています。

家庭を顧みる時間もなく、単身赴任などをさせられます。

どんだけコスパの低い人生を送っているんだか、と憐れみすら浮かびます。

まさに、費用対効果の低い働き方だと思います。



妻の料理


私の妻は料理が趣味です。

毎晩の食卓には5品くらいの料理が乗ります。もはや、毎晩が居酒屋状態です。

それはそれで有難いのですが、そのために多大な時間を費やしています。

晩御飯の準備に2時間くらい掛けています。

昨日、私の休みの日に朝から家族で出かけ、帰りは夕方になりました。

帰宅してから夕飯の準備する時間がないので、スーパーで惣菜を買って食べました。

家族4人で1000円くらいでした。


妻は複雑な表情をしていました。

私の2時間は1000円の価値しかないの?

スーパーの総菜と妻の料理を比較するのは、土俵が違うので甲乙つけられません。

しかし、スーパーの総菜は十分美味しいし、安いです。

外食産業はブラック企業と言われるくらい、経費を削って経営をしています。

スーパーの総菜もその最前線で戦っています。

高くて、まずいはずはないのです。


料理に2時間かけ、5品の料理を用意するのは大変でしょう。しかも毎日。

私や子供が5品の料理を望んでいるわけでもありません。

3品くらいあれば十分です。

私が料理をする立場だったら、2品を作って、1品をスーパーの総菜にします。

掛ける時間は45分くらいにします。

3品で十分なところを、2時間もかけて5品を用意しても、費用対効果は低いのです。

まあ、妻には言えませんけどね。



勉強なども同じ


私は英語などの語学はさっぱりです。

でも、私は英語を勉強するつもりはありません。

理由は使わないからです。

日常生活で外国人と会話することもないし、海外転勤もなし。海外旅行もお金がかかるので、好きではありません。(←今のところ)


家を買ってローンの支払いでいっぱいいっぱいの人が資産運用を勉強しても意味ないですよね?

投資するより、借金を返すべきですから。

逆に私のような家なき子はガンガン投資に回すお金があるので、勉強しなきゃダメだと思います。


必要もないことに多大な時間をかけて、スキルを習得しても無駄です。

費用対効果の高い生き方をしたいもんです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
546位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
72位
アクセスランキングを見る>>
リンク