スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社を辞める人の考え

本日の日経新聞のコラムに、会社を辞める人の考えについて書いてありました。

リタイヤ志望者として、面白いと思ったので書いてみます。




二つの理由に集約される


ある会社で優秀な人材がどんどんと辞めていくことについて、会社が辞める理由について調べてみたそうです。そうすると、様々な理由はあれど、突き詰めると、次の二つの理由に集約されるそうです。


会社にいても、先が見えないから辞める人

会社にいても、先が完全に見えてしまったから辞める人


この二つに集約されるそうです。


先が見えないから辞める人とは、どんな考えなのでしょうか?

ブラック企業の長時間労働で食いつぶされている人
不幸にも適性のない仕事を選んでしまい、毎日が苦痛でたまらない人
人間関係がうまくいかず、毎日が苦痛の人
収入面で満たされず、結婚もできないと悩む人
一年先に会社が存在しているか、危ぶまれる会社

こんなところでしょうか。

先が見えないので辞める人は、会社の将来性をあきらめている人か、仕事がうまくいかずに悩んでいる人と言えるかもしれません。


反対に、先が見えてしまって辞める人とはどんな考えを持っているのでしょうか?

出世を目指すことに意味を見出せない
仕事をすることでの自己充実を見出せない
スキルアップ、人間的な成長、魅力的な人間関係の構築、等々を期待できない
やりがいを感じない

待遇面には満足しているのに辞める人って、こんな考えではないかと思います。




私の場合


私もリタイヤ系のブログを書いているので、できるだけ早く仕事を辞めたいと思っています。

時折、ブログでも仕事のことについて触れますが、私は今の仕事が嫌で嫌でたまらない訳ではありません。

面倒くさい、だるいとかには感じるのですが、悩んで悩んでどうしようもない訳ではありません。

なぜ仕事をしているのかというと、当然ですが、給料のためです。

リタイヤ資金を50歳で1億円と想定しているので、仕事はそれまでのドル箱です。


そんな私が仕事について持っている印象は、先が見えてしまっているという感覚です。


出世欲は皆無です。出世すれば職場内で権力を持ち、下の立場の人を従わせることができます。そのようなことに価値を見出す人もいるようですが、私は興味がありません。職務命令で人を従わせることはできても、それは立場に従っているだけであって、人間性とか、合理的な判断に対する賛同とは限りません。このような命令権を持つことに、私は価値を感じません。勘違いも甚だしい上司は、裸の王様に見えてしまいます。


仕事をすることによっての人間的な成長についても、今の職場にはないですね。仕事は結局のところ先例踏襲であり、仕事について効率的な方法などを考える必要はありません。「忌憚のない意見を出してください。」などと会議で言われるものの、斬新な意見を受け入れる土壌もないので、意見を言う気にもなれません。


魅力のある人との付き合いを求める。これも残念ながら、ないですね。私は職場での人づきあいが苦手ではないので、結構楽しく仕事をしています。私の主催で、家族ぐるみでバーベキュー大会をやったりもします。そういうことが苦手でも嫌いでもないので、その時は楽しいです。しかし、尊敬できるような人や、学びや気づきを与えてくれる人には出会えません。みんな、公務員で定年まで働くということが大前提なので、面白いことを言う人が少ないんですよね。


仕事とスキルアップに入れ込む、これもないです。仕事のスキルについて、平均点以上取っていれば、特に怒られることはありません。平均を50点とすれば、65点くらい取っていれば十分なんですよね。100点を取ったところで、給料はほとんど変わりません。ボーナスが5%くらいアップしますが、一時的なものです。ものすごい長時間労働と仕事のスキルアップに労力を費やして、100点を取ったとしても、割が合いません。
今はこんな感じでのんびりやらせてもらっていますが、部署やタイミングによっては、2週間職場に泊まり込み、みたいなこともあるので、抜けるときに抜かせてもらってます。自ら進んで長時間労働に飛び込んでいったら、過労死しそうです。




自営業に憧れる


先の見えてしまっている職場に勤めていると、自営業に憧れます。

やりたくもない仕事を自営業でやっている人はいないと思います。

給料が少なくても、やりたい仕事をマイペースにやって、自由に生きている人に憧れます。

今の職場で勤めることで、50歳で1億円を目標にしていますが、45歳で資産7000万円、年収300万円を自営業で稼げるスキルがあれば、退職もありかと想像しています。

そのころには、子供たちも手がかからなくなるので、妻もガチで働けるようになるでしょうし。

妻との年収競争なども面白そうだし、何より、一度しかない人生を楽しみたいです。


あれこれ考えて、希望や目標ができると、日常の仕事のだるさも軽減するかもしれません。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。