スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資産状況

口座をいくつか持っており(私、妻、子供名義)、総資産の把握が面倒なので、適当な計算になってしまっています。あまりきっちり計算すると、ストレスになりそうなので、これからもザックリとした計算で行くと思います。




リスク資産は2500万円くらい。


総資産を4月に数えたときに4000万円くらいでした。

毎年、330万円くらいを貯蓄に回せそうな計算になりますので、一日1万円弱を貯蓄に回せる計算です。

そうすると、半年過ぎたので、4150万円くらいになっているはずなのですが、チャイナショックで250万円くらい溶けたので、4000万円を割っていることと思います。

リスク資産の保有は2500万円くらいです。チャイナショック前はプラス150万円だったのですが、250万円が溶けたので、今はマイナス100万円です。


2014年から投資を始めたので、マイナスを経験するのは初めてでしたが、パニックになることもなく、意外と冷静で居られました。


チャイナショックで一気に下げたときは、チャンスと息巻いて、追加投資をしましたが、張り切り過ぎると早期に弾切れ(現金が尽きる)して、今後の下落を拾えません。私は投資に対して感情が入るとストレスになりそうなので、投資信託のメリットの一つである毎月定額積み立ての金額を増やすことにしました。今後は毎月50万円を積み立てていきます。それでも、1000万円を投資するには20カ月、2年近くかかるので、下落トレンドが中長期になれば、うまく下落を拾っていけると思っています。




積立投資の性質


このような下落時期だからこそ、積立投資の基本に立ち返りたいと思います。


積立投資で一番大きく儲ける方法は、投資開始時期から長期間の下落が続いて、資産を取り崩す時期にかけて、大きく上昇することです。文字で表現すると、チェック型がいいんですよね。✔です。初めは下げて、取り崩し時期にかけて上昇していくケースです。このケースだと、下落時期に安値で仕入れることができるので、この時期が長ければ長いほど、良いとも言えるかもしれません。しかし、取り崩し時期になっても、下落が続いているようだと、運用成績はマイナスになります。まあ、国際分散投資をしていて、20年とか30年の長期間にわたってずーと下落が続くということは、確率的には低いという見込みで投資をするわけでもありますが。


反対に一番悪い結果をもたらすのは、積立時に上昇が続いて、取り崩し時期に、大きく下げてしまうことです。文字で表現するとの字型の動きです。への字の上昇時期に順張りで運用益を味わいながら、取り崩し時期に大きく下落するケースです。20年間ずーと上昇トレンドが続いて、取り崩し時期の21年目に急落し、以降20年横ばいで推移する。こんなケースでは運用成績は大幅なマイナスでしょう。まあ、国際分散投資をしておいて、こんなケースは考えずらいとは思いますが、インデックスファンドの積立でも、絶対に損をしないと言い切れないのは、マーケットの動きに絶対というものがないからなのでしょう。


さて、長期の積立の運用をするのであれば、歓迎するのは✔であり、警戒するのはへの字となります。

そして、への字の局面であれ、✔の局面であれ、今自分が何階にいるのかは、後になってみないとわかりません。

大きな下げが来たから、買い時じゃー!と張り切ったところで、その後さらに底割れするかもしれません。

結局は後になってからでないとわからないのであれば、すべては運次第のような気もします。




堂々巡り


自分で書いていて堂々巡りになるのですが、利益を出したければ、✔を歓迎しなければなりません。

そして、運用の成績がマイナスの潜水艦の時期が長ければ長いほど、大きな利益を出せると思っています。

今の私は、チャイナショックから1か月の潜水艦状態ですが、この状態が5年とか続けば、10年後には相当な利益が出ていると思います。

マイナスの時期は期間限定のバーゲンセールです。バーゲンの時期はいつ終わるのかわからないので、どのくらいのペースで買い入れるかで、運用成績は変わります。そしてそれは、結局のところ運次第だと思います。

運用とは運みたいなもの。

取りあえず、自動積立であと2年くらい放置してみます。

その後のことは、その時考えます。

少なくとも、下落を目にしてパニックになり、運用資産を売却するような行動にはなっていません。

このブログも、もう少し生き残りそうです ^^)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。