FC2ブログ

アーリーリタイヤ、お金以外の部分

アーリーリタイヤをするには、資産の状況が関係します。

私の場合、50歳で1億円です。

じゃあ、お金さえ持っていれば、すぐに仕事を辞めてリタイヤできるのか?

リタイヤについて、お金以外の部分について考えてみます。




社会と関わっていくか、自分の楽しみを追求するか


現役世代でもリタイヤ世代でも、人が感じる生きがいの要素はこの二つに集約される気がします。

1 働いたり、ボランティアなどで社会と関わることを生きがいとする。
2 自分が楽しいことを追求し、社会からの評価を気にしない。


まず、大抵の人は1の価値基準で生きていると思います。

普通は会社員なり、なんなりで働いて、社会と関わりながら、社会に貢献することに喜びを感じると思います。

働くことで、自分は社会に貢献している、社会から必要とされているんだ、という充実感を得て、それに生きがいを感じる。

こういうことに価値を見出す人は、積極的に社会と関わっているべきだと思います。仕事を引退した後も、ボランティアや趣味などを通じた社会参加をしていくことで、社会とつながっているべきだと思います。これは、とっても大切なことだと思います。自分が人から必要とされているという感覚がないと、何のために生きているのかわからなくなりそうです。生きる目的を失ってしまったら、待っているのはゆっくりとした死でしょう。


テレビや新聞で、孤独死の事例を目にすることがあります。社会と関わりがなく、死後1か月してから発見されるケースもあります。

ある男性は、教員として定年まで働き、校長まで上り詰めて退職します。妻には先立たれており、子供にも恵まれず、男一人のお一人様の定年人生を60歳から始めます。定年までわき目も降らず走り続けてきたので、これといった趣味や、人付き合いなどもなく、時間を持て余すようになります。やることもなく、ブレーキ役となってくれる奥さんもいないので、朝から酒を飲むようになり、徐々に健康を崩していきます。社会との関わりも次第になくなっていき、70歳を前に孤独死に至ります。


こういう人ほど、退職してからも社会との関わりを持っていなければならないと思います。

在職中は勤め人として、退職してからはボランティアや趣味などで社会とつながっていれば、社会の一員としての安心感を得られるのだと思います。言葉は悪いですが、群れていられる安心感です。群れることに安心感を感じる人は、社会とのつながりを断ってはならないと思います。

群れずにいることが不安になる人は、リタイヤなどせず、積極的に社会と関わるべきだと思います。



反対に、2の自分の楽しみを追求するのが好きな人は、リタイヤに向いていると思います。


リタイヤすると膨大な時間を自分の自由に使えるようになります。

そのとき、自分は何がしたいのかというビジョンもないままリタイヤをしてしまうと、上記の校長先生のような道をたどるかもしれません。

好き好んでニートをしている人って、時間が余って困ることはないと思うんですよね。

働かない、という自分の好きなことをやっているのですから、楽しいに決まっています。

やりたくないこと(働くこと)をやらないで、自分のやりたいことだけをやって生きていく。

人からどう思われるか、ということに価値を感じないので、社会と関わっていなくても、別に不安に感じることもなく我が道を行くのだろうと思います。





働く必要がないくらい、お金があったら。


大体の人は働かなければ生活ができないから仕事をしていると思います。

じゃあ、働かなくても大丈夫なだけの経済的事情があったら、どうするのでしょうか。


仮に宝くじで3億円当たって、明日から働く必要がなくなったらどうしますか?

誰でも職場で一度は、仮に宝くじに当たったらどうするか、という話題になったことがあると思います。

そうすると、仕事を辞めるって言う人が大半なんですよね。

でも、私の予想だと実際に仕事を辞める人は、それほど多くはないと思います。

お金に不安がないのに、なぜやめないのか?

辞めても特にやりたいこともないし、今の仕事がそこまで嫌いな訳じゃないし、社会の常識から外れることには不安を感じるからだと思います。

群れていることに安心を感じるのだと思います。

こういう人が大多数だと思います。そして、そういう人は仕事を辞めない方がいいでしょう。



反対に、お金を得るためだけの理由で働いている人は、やりたくないこと(会社勤め)をやらなくて済ませるために、会社を辞めるのはいいと思います。

お金があり、働く必要がないのにやりたくないことをやり続けるのは、時間の無駄です。さっさと辞めるべきだと思います。



私の場合、働くのは死ぬほどいやじゃないけど、お金があるなら働きたくありません。
世間体などもそれほど気にしないので、無職だとしても恥ずかしくはありません。(家族は嫌がりそう)
人と関わっていないと、不安ということもありません。(友達少ないけど寂しくないし)
休みの日にやることは運動、新聞、本、インターネットの閲覧、子供と遊ぶくらいです。(近々ゲームも加わりそう)


休みの日は、やりたいことができるので楽しみです。
仕事の日は、やりたくないことにたくさんの時間を使わなければいけないので、楽しくないです。
できれば、毎日休みがいいです。


まあ、宝くじとか、アーリーリタイヤとか、普通の人にはあまり関係のない話かもしれませんが、働かなくても生活できるとなった時に、どういう生き方をしていくのかを考えておいても損はないと思います。


厚生年金を夫婦二人ともがっつり40年掛けていて、リタイヤ資金も1億円くらい持っていれば、働く必要はないでしょう。

それでも、働く人って多いんじゃないかという気もします。

働いたり、社会と関わることって、すごく大切なことなんだろうって思います。



社会と関わることに生きがいを感じる。

好きなことだけをするために、リタイヤをする。



どっちも、素晴らしい生き方だと思います。


私はリタイヤ志望者として、一生懸命働く人を茶化すようなことは、しないでおこうと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
906位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
126位
アクセスランキングを見る>>
リンク