FC2ブログ

リタイヤと節約

リタイヤするにはお金の問題が関係します。

収入が入らず、資産を取り崩して生活していくことになります。

心理的に負担がかかりそうです。預金通帳との睨めっこを始めてしまうかもしれません。

リタイヤ前、リタイヤ後、いずれにおいても、節約は大切です。






私はアーリーリタイヤをするために、節約をしています。

自分のリタイヤを可能にしてくれると思えば、節約は苦になりません。

世の中の人達が普通に行っている消費行動で、私が考える贅沢です。



食事は節約パフォーマンスが高い


私は自販機で120円のジュースを買うことも我慢できるし、コンビニ便利さを利用する気も起きません。

外食なども、家族や友人と行くのであればOKですが、一人で外食する気になれません。

自宅で自炊をすれば、100円台で食べられる食事を、外食で600円とか落とす気にはなれません。

そこで、500円節約できれば、一日とは行かなくても、一時間くらいはリタイヤに近づけるのです。

外食はかなり贅沢なお金の使い方だと思います。

でも、世の中のみなさんは外食がお好きなようですね。

今年の私の一人での外食は、吉野家が2回です。それも、株主優待で支払ったので、現金は出してません。


コンビニやスーパーの総菜も盛況なようです。

朝の通勤時やお昼休み時にはコンビニに行列ができます。

コンビニのご飯も結構いい値段がしますよね。お弁当を用意すれば、大分安く上がるはずなのに。

スーパーに買い物に行くと、かなりの量の総菜を買いこんでいるお年寄りを見かけます。

年金暮らしで時間は有り余っているのだから、面倒くさがらずに、自炊すれば節約できると思います。

年金が少ないと文句を言う前に、自炊で節約すればいいと思います。



家より高い車に乗る


私は田舎に住んでいるのですが、自宅周辺の土地の価値は低いです。1坪10万円もしないくらいです。50坪の土地も500万円弱です。

昭和の終わりころに形成された住宅街ですので、この地域の家の築年数は30年くらいになります。

日本の住宅の価値は20年でほぼゼロになるそうです。

40坪くらいの敷地に築30年の家が建っています。そこに止まっている車が、あまりにも高級なので驚きます。

クラウンやアルファードなど、500万円くらいする車が散見されます。

家の資産価値は土地代で400万円程(解体費を別にしても)しかないはずなのに、500万円の車に乗っている人達がごろごろといます。家より高い車に乗る感覚が分かりません。

そんなに無駄遣いしたら、いつまでもリタイアできないよ。
(そっか。生涯現役を貫くのだから平気なのか。)



みんなスマホを使っている


私はガラケーを使っています。2007年の結婚当時に買ったものですが、故障もなく、今に至ります。

月々の使用量は2200円です。もっと安いプランもあるのですが、仕事で使うこともあるので、このプランに落ち着いてます。

さすがにそろそろ、スマホにしようかと思案中なのですが、大手の使用料金は高いですね。


携帯料金については、首相からのコメントもあり、話題にもなっています。

大手3社のスマホ料金の形態は横並びで、スマホを使うには最低でも6500円くらいからがスタートになります。

格安スマホなら、通話機能あり、データ通信2Gでも、2000円くらいから始められるようで、通話をしても3000円くらいで収まりそうです。

また、スマホとガラケーの2台持ちも良さそうです。料金も3000円くらいで収まりそうです。でも2台持ちは、ちょっとシンプルさに欠ける気もします。


私がスマホにしようと考えるときは、上記のことくらいは調べます。そして、月々6500円も支払うくらいなら、スマホはいりません。

世の中の多くの人が大手のスマホを使っています。

本当に考えたうえでの選択ならいいのですが、もったいない気がします。



あらゆるところにある保険


保険については何度か書いてきましたが、やはり好感を持つことはできません。

保険にもいろいろあり、必要なものは一切ない、とまでは言いませんが、世の中ゴミのような保険であふれていると思います。

私は、去年パソコンを店頭で買い増したが、3年保証の保険を付けさせられました。お恥ずかしいです。

8万円のノートパソコンに3年保証の保険を1万円で加入してしまいました。

私はパソコンに詳しくないので、担当してた店員さんと1時間ほど説明を聞いてから、購入を決めました。

パソコンに保険などあるとは知らず、一番最後に「保険に加入します?」とさらりと聞かれました。

「3年以内に壊れることなんてあるんですか?」と聞くと、「いざ壊れたときに高額ですから」と言われて、条件反射的に加入してしまいました。

いざ壊れたとしても、高々10万円です。家計が破たんするような金額ではありません。

相手に深く考える時間を与えない作戦にまんまとハマって、1万円の無駄金を払わされました。



今年の4月に小学校一年生の息子の自転車を買いましたが、その時は盗難保険を勧められました。

その時も契約の最後に、さらっと切り出されました。

私はきっぱりと要りませんと断りましたが、店員さんには意外だったようです。えっ!入らなくて大丈夫ですか?と心配してもらいました。(演技だったかもしれませんが。)


最近だと、ペット保険とかの宣伝もテレビでやってますが、どうせゴミみたいなもんでしょう。


保険の手数料の悪口ばかりになってしまいますが、これもインデックスファンドと通じるところもあるのでしょうか?

高コストなファンドがあるからこそ、インデックス投資家は低コストなファンドを買うことができます。

保険も一緒なのでしょうか?

医療保険を始めとしたゴミみたいな保険があるからこそ、本当に必要な定期の生命保険や個人賠償保険などが低額で入れるのかもしれません。

ゴミみたいな保険に誰も入らなくなって、保険会社が儲からなくなり、必要な保険の保険料が上がっても私にはメリットはありませんからね。





10年前には、スマホは存在しませんでした。

20年前には、携帯電話を持っていない大人も多かったです。

今はみんながスマホになり、家計に占める割合も無視できない程度になりました。

これからも新しい製品が我々の生活に入ってくるのでしょうが、安易に飛びつかず、コスト意識を持っていたいです。

それがリタイヤにつながると思います。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
906位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
126位
アクセスランキングを見る>>
リンク