FC2ブログ

郵政株

郵政3社の株が上場され、市場がにぎわっているようです。

投資のことについて、ちょろっと書いてみます。





私の投資は投信がメインですが、個別の株にも少し手を出しました。
投信は一日に一回しか値段がつかず、また、約定するのは注文日の二日後なので、「取引している感」があまりなく、物足りなさを感じました。また、インデックスファンドは分散投資されているので、爆発的な値動きをするはずもなく、値動きの面でも地味に感じました。インデックス投資を開始してから約半年、投資によるワクワク感が味わいたくなった私は、個別の株やETFなどでの取り引きを始めました。初めは値動きの大きさやリアルタイムでの値動きの取引にワクワクしました。そして、短期間で売り買いをし、ちょっとの儲けや損失に心を躍らせました。そんな中でも、自分の中のルール決めをしておいたことが良かったと思います。株やETFは最大でも自分の投資資金の1割以内にしておく、ということでした。ことごとく自分の選んだ銘柄が下落していっても、投資資金全体の1割なら、耐えられるだろうと思ったからです。具体的な金額でいうと300万円です。これ以上は、どんなことがあってもつぎ込まない、というマイルールで個別株投資をしました。


以下、大きめの損失を作った銘柄です。

原油ブルETN
(2月に3800円で買い、現在は2500円前後。含み損15万円で保有中)

日経平均ダブルインバース
(3月頃に日経平均が19000円を超えたころから買いはじめ、含み損に耐えきれず20500円ほどの時に売却。損失は10万円)

第一中央汽船
(3月に45円で1000株購入。9月末に会社が経営破綻して紙屑。損失14万円)




原油ETNは未だに損切りできずに保有しています。世界中で原油の供給過剰感が根強いので、損失はしばらく続きそうです。


第一中央汽船(ばら積み船の会社)は、45円で買ってズルズルと低空飛行後、28円という値段がついていました。ここで損切り出来ていれば、損失は5万円程度だったのでしょうが、損切りルールも作っていなかったため、そのまま保有して経営破たんです。同社は9月29日に民事再生手続きを申請したのですが、私がその情報を初めて知ったのは、その日の夕刊でした。(←のん気過ぎる)


日経平均ダブルインバースは、日経平均が下がればもうかるETFです。今まで持っていれば利益が出ているのですが、半年間ずっと含み損だったので、それに耐えきれず8月半ばに売却しました。8月25日のやチャイナショックまで持っていれば、利益が出たんですけどね(笑)

ホントにダメダメです。

自分が株取引のセンスがないのがよくわかりました。短期の取引は、多分もうやらないです。

まあ、それでもマーケットから退場するような致命的なダメージにならなかったのは、上限を投資額の1割、300万円と決めていたからだと思います。ビジョンもなく全額の3000万円を個別の株に投資をしていたら、どうなっていたのか分かりません。

主軸はあくまで分散投資のファンドで運用しながら、個別の銘柄の取引を楽しんだというところでしょうか。





さて、4日に郵政3社の株が上場され、いずれも発売価格を上回りました。

特に、かんぽ生命は売り出し2200円で、上場当日に3430円を付け、56%のストップ高でした。5日も4000円を超えたようで、二日で倍近い価格になりました。

配当利回りが良く、割安感があるのがその理由のようです。

でも成長力に疑問を感じるという声もあるようです。

かんぽ生命ですからね(笑)

ネット生保や外資系の保険会社と比べても、保険商品の内容は良くないです。

でも、かんぽ生命がちょっとくらい学資保険の内容を良くしたくらいで、バカ売れするそうですから、「郵便局」のブランド効果は根強いものあるようです。


郵政上場に合わせた投資セミナーで、投資初心者が郵政株に前のめりになり、講師役がなだめるのに大変、などという話もあります。

上場から二日で株価が倍ですからね。初めてなら興奮してしまうのもわかります。でも、取れるリスクを考えて買わないと、マーケットから一発退場になってしまうかもしれません。

今回の郵政上場は、1987年のNTT株の上場と重なる部分もあるようです。そして、NTT株の過熱ぶりと下落は、日本人に株は投機という印象を植えつけたそうです。

今回の郵政株はどうなるのでしょうか?



私は、自分が個別株取引に向いてないと思うので、買いませんけどね。

郵政株、私にとっては人ごとです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
742位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
100位
アクセスランキングを見る>>
リンク