スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50歳、1億円のリタイヤプラン

私のお金の面でのリタイヤプランは、50歳で1億円の資産を作ることです。

果たして、それでリタイヤ資金は十分なのか?

今更ながら考えてみます。




不労所得とリタイヤプラン


資産は、投資をすることで不労所得を産んでくれます。

1億円を年利5%で運用できれば、1年間に増えるお金は500万円です。

税金を20%引かれたとして、400万円の収入となります。

年間の支出が400万円以下であれば、全く働かずに資産からの不労所得のみで生活ができます。

支出が400万円を超えるようであれば、資産を取り崩しながら、寿命まで逃げ切れるかということについて考えることになります。

一年間で生活費が500万円かかるとすると、不労所得だけでは100万円足りないので、資産から取り崩して生活することになります。



さて、我が家の場合はどうなのか。

子供が二人いるので、未知の要素が大きいです。

子供たちがどんな学校に通い、何歳で独立するのかによって、必要な学費などが変わってくるからです。

もし、医者や弁護士、薬剤師などを目指すのであれば、普通の人よりも多めの学費がかかるし、反対に高卒で公務員などになれば、学費は格安で済むでしょう。

現在7歳の男の子と4歳の女の子がどのように成長していくのかを見守るのは、楽しみなことでもありますが、予想するのは困難であり、あまり意味のないことかもしれません。

でも、予測が難しいからといって、何も考えず定年まで働くのが当たり前とは考えたくないです。

先も見えずに働き続けられるほど、私は仕事が好きではありません。

経済的事情が許すのであれば、仕事を辞めてみたいです。



私が50歳になるころには子供たちは高校生と中学生になっています。

上の子が55歳、下の子が58歳時点で社会に出ると想定すると、この8年間にどれだけのお金が必要になるのかという問題です。


年間生活費は400万円を基本とする。
50歳時点で資産1億円を年間5%で運用し、税引き後の現金は400万円とする。
50歳から子供が独立する8年間で、年間支出をプラス400万円と見積もると、合計は3200万円になる。
58歳時点で資産は6800万円となり、それを原資に老後生活に入る。



いけるような気がするのは、私だけでしょうか?(笑)

稚拙なプランかもしれませんが、時間が経過していくごとに修正していけばいいと思っています。

50歳で辞められないなら、51歳まで働く。49歳で退職可能になれば、その時点で辞める。

なにも、10年前の稚拙な自分の考えに、ずっと凝り固まっている必要はないでしょう。

私にとってアーリーリタイヤは挑戦です。

自分自身の考えが成熟して来れば、もっと早くリタイヤに挑戦できるかもしれないし、跳ね返されるかもしれないです。

考えるだけタダだし、考えなければいつまでもリタイヤ出来ません。




結婚は未知数


私は、結婚して家族もいますが、これ以上家族を増やす予定はないです。もう一人子供ができれば、リタイヤは遠くなります。我が家はもう打ち止めです。予定外の出産にならないよう気を付けます(笑)

私の場合は家族プランが決まったので、リタイヤまでの道のりを予測することができます。


独身で、将来結婚するかどうかが未定な人は、人生プランを練るのは難しいでしょう。

結婚して子供を望んでもできなかったり、結婚相手がものすごい浪費家であったり、暴力を振るうロクデナシで離婚してしまったり。

今更ながら結婚は難しいですね。未知の要素が多すぎます。


私は普通の公務員で、妻もそれなりに安心して結婚してくれたと思います。私が定年まで働くのも当然だと思っていたはずです。

しかし、私は定年まで今の仕事を続けないことを宣言しています。

私自身、つい1年前までは、仕事に熱意を失いながらも定年まで働くことを受け入れていました。楽しくない仕事も、家族を養うためには必要なことだとあきらめていました。

しかし、お金について考えるようになってから、経済的な事情が整っていれば、必ずしも定年まで働く必要はない、と思い始めました。

普通の家族持ちの会社員や公務員が考えもしない発想だと思います。

最初にリタイヤの話を妻にしたとき、妻は冗談半分で聞いていました。

でも、最近は「こいつ、本気っぽいぞ」と思い始めているようです。

結婚すると、途中で相手が変わっていくことも体験するかもしれません。



結婚は難しいですね。

私自身は、結婚して良かったと思いますが、外れの嫁さんを掴むくらいなら、一生独身の方がマシだと思います。

相手に流されない、よっぽど強い意志でもない限り、結婚は運のような気がします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

記事、読ませていただきました。
まさに、私が考えていることとほとんど同じです。
こどもがいても、60歳まで労働に耐えなくたっていい可能性は
十分あるんですよね、お互いアーリーリタイアを実現させましょう~

No title

はじめまして。

めざせアーリーリタイヤ@50さん。

私と同じような境遇の方でしょうか?

私は、引かれたレール以外の人生について、考えずに40歳になりました。


お互い、自分の望む人生を送れるよう頑張りましょう!

No title

> 普通の家族持ちの会社員や公務員が考えもしない発想だと思います。

いえいえ、私の周りはみんな同じこと考えていますよ。

ただ年率5%で確実に運用するのは無理(相当なリスクを取らないと)ですね。
それと、大学に行かせるとなると、年間400万だと無理でしょう。
なので、私は、5億か10億が不労所得可能のラインとみています。
独身で家を持っている人は1億くらいでも続々と会社を辞めて、不労所得生活初めてますよ。

No title

はじめまして。

考えることは同じさん。

リタイヤを実行している人が周りにいっぱいいるなんて、羨ましいです。

私の周りにはリタイヤしている人がいなくて、参考になる情報も得にくいです。

自分なりに考えていきたいです。
プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。