FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物を買うということ

お金を払って物を買うことは、時間を切り売りすることだと思います。




労働と給料


以前の記事でも書きましたが、人生における時間は、労働によってお金に変えることができます。

そして、お金は物に変換することができます。

物を得るためには、時間を差し出すという考え方が成り立つと思います。

人生後半戦のポートフォリオ



また、勤め人であれば、自分の時給が計算できます。

年に2000時間働き、800万円の人の時給は4000円です。
同じく、700万円の人は3500円。
600万円の人は3000円
500万円の人は2500円
400万円の人は2000円
300万円の人は1500円

正社員で働いていると、アルバイトでは考えられないような高額な時給で仕事をしています。
だから、会社は簡単には辞められないし、仮に辞めさせられそうになった場合、自殺するくらい悩む人も出てきます。
私の職場の自殺率は、一般よりも高いですが、それは好待遇であることの裏返しです。
同僚に5000万円の住宅ローンを組むような人もいますが、今の職場を辞めてしまったら確実に払えないでしょう。だから、職場にしがみつきます。
高額な買い物をすることで自分を追い込んでいます。


また、それなりの規模の会社であれば、社会保険料(年金と健康保険)を労使で折半になります。私の昨年の社会保険料は80万円くらいだったと思いますが、会社が私と同じ80万円を負担してくれています。
我が家の妻は年金の3号保険者なので、この費用も我が家で負担せずに、納めたことになります。
正社員、恵まれすぎです。


時給や待遇を考えると、簡単に辞めるわけには行きません。




物を買うほど、時間を失う


お金、物、時間がそれぞれトレードできる関係であるので、物を得ると代わりに時間を失います。

人は生活するうえで、消費をします。

住居費、食費、光熱費、学費、通信費、被服費、交際費、交通費、娯楽費など。

上記の消費をするために、我々は自分の時間を提供しなければなりません。

人生の持ち時間は、個人差も大きいですがMAXで100年くらいです。

この自分時間をどう使うのかが、人生です。

残念なことに、短時間労働で、大きなお金を得ることは難しく、ほんの一部の特殊能力を持つ人にしかできません。

正社員でモーレツ労働して、良い給料をもらって、立派な家や車に費やす。
アルバイトみたいな働き方でも、家族を持たずに身軽に生きる。
もしくは、この中間のいわゆる中流で満足する。

どういう生き方でも、本人の自由です。
自分の価値観にあった人生を送ることが人生の目的だと思います。




身の丈に合わない多大な消費は、多大な時間を差し出さなければなりません。

そして、多大な消費は人生の選択肢を狭めて、不幸にしてしまうこともあります。

家に話を絞ってみます。

5000万円の住宅ローンを組んだ人は、どんな返済プランなのでしょうか?
35年で金利2~3%くらいで返済しても、年間200万円くらい払わなければなりません(←ザックリとです)
仮に年間200万円だとすると、毎月の家賃が16万6千円になります。
他に固定資産税や都市計画税も加わり、年数が経てばリフォーム代金も必要になります。


年収700万円程度で、このような住宅購入をしてしまえば、定年前に辞めることは不可能になります。下手をすると70歳くらいまで働かなければ返済できないかもしれません。

働くことが大好きでたまらない人はいいんですけどね。
仕事が嫌いな人は、向こう35年を好きでないことに費やすという約束をするわけです。
それって、家のための人生なのでは?と思います。

私の職場には、今の仕事を辞めてしまうと、ローンが返済できないから辞められない、という人が結構います。
どんなに仕事が嫌いで、出社拒否したくなっても辞められない人です。
挙句、病んで自殺する人もいます。(←団体信用保険で家のローンは完済できるのでしょうか?)
自殺してしまった人は、そんなに住んでいた家のことが大切だったのでしょうか?この家を失ってしまうくらいなら死んでやる!というくらい家が好きだったのでしょうか?

私はそうは思いません。おそらく、世間一般の価値観に乗っかり、なんとなく買ってしまったんだと思います。


そんなに高額な家を買わずに、家賃6万円くらいの賃貸で、余ったお金を老後資金として着々と貯めていけば、途中で転職しても生きていけると思います。

多大な借金は、人生の選択肢を狭めてしまいます。


消費については住宅に限ったことではありません。

日々の生活における消費という行為が、自分の時間と関係してきます。

お金を垂れ流せば垂れ流すほど、自分の時間は失われていきます。


無駄な消費をせずに、リタイヤに近づきたいです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
159位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。