FC2ブログ

仕事と時間

仕事と時間についての考えです。



仕事が楽しみであり、他のことは置いてでも仕事をしたい人は、自分時間が100%だとします。

苦痛というまでではないものの、給料のために働いている人は、仕事での自分時間は50%とします。

今すぐにでも仕事を辞めたい、鬱になりそうだ、という人は自分時間0%とします。



今の私は、仕事における自分時間度は50%くらいだと思います。

しかし、以前の部署での勤務は自分時間度は0%に近かったときもあります。

自分時間度は、仕事の環境でも変わるし、自分自身によっても変わると思います。



*自分時間という考え方については「人生後半戦のポートフォリオ」という本を参考にしています。



以前の部署での仕事


私は県採用の公務員ですので、県内での部署異動を繰り返します。

県内全域が異動対象になるので、引っ越しも伴います。

しかし、人事配置上の考慮で、持家があれば、家から通勤できる範囲の部署に配置になります。

このブログでも何度か繰り返していますが、私は、頑固な賃貸派ですので、今まで家を買わずに、引っ越しを繰り返してきました。

引っ越しをすれば、子供も転校することになるでしょうが、それでも私は家を買いたくはありません。

子供の転校を避けるためには、今の住所地付近に家を買うか、賃貸住宅を借りるしかありません。

持家の場合は、自宅から通勤できる範囲での異動になるので、通勤と転校の問題はなくなります。

だから私の職場の人は、持家派が圧倒的に多いんだと思います。

賃貸の場合は、子供の転校はなくなるものの、私の単身赴任という可能性も出てきます。

まあ、それでもいいかと思ってます。公務員人生の最後の数年を単身赴任で終わるのも面白いかもしれません。



さて、以前の私の部署は、県内でも最低クラスの外れ部署でした。

みんな、行きたがらないです。

赴任半年でほとんどの人が異動希望を出すほどの外れ部署です。

私はその部署で2年間勤務をしました。

もう二度とその部署での勤務はしたくありません。

毎朝の出勤前のテンションといったら、最悪です。

はぁー、とため息を繰り返しながら朝食を食べ、憂鬱な気持ちで出勤します。

今日は何をやらされるんだろう?

はぁー

ため息を数十回繰り返してから、出勤するのが私の日課でした。

この部署での仕事における私の自分時間度は限りなく0%に近かったと思います。



しかし、私の憂鬱の原因はこの部署に配属されたことが全てなのでしょうか?

私には一切責任がないのでしょうか?




私は、この部署での仕事に精通していませんでした。ほとんどが初めて体験することで、赴任当初は新卒レベルの仕事しかできませんでした。しかし、当時の私は勤続10年の主任です。お前、いい歳してこんなことも知らないの?という痛い視線も感じました。辛かったです。でも、泣き事言ってても仕方がありません。勤続3年くらいの若手にも頭を下げて仕事を教えてもらいました。親切に教えてくれる人、居丈高にふんぞり返って教えてくれる人、様々でした。私は仕事ができないのに年数や役職で威張り散らす人間が大嫌いです。だから私はプライドなど持たずに、どんどん若い人に教えを請いました。そうして何とかやっているうちに、私は徐々に仕事を覚えていきました。そして1年くらい仕事を必死にやったんですよね。そして、それなりに実力も上がってきました。

そしたら、出勤前のため息の回数が減ってきたんです。

仕事が分からなかったり、できなかったりすることからくる恐怖心が減っていったのが原因だと思います。

赴任直後は自分時間が0%だったのに、1年経過した時点では10%くらいにはなっていたと思います。


周囲との関係もあったと思います。

赴任時点ではただのお荷物だった私が、1年後には、一応仕事を任せられるレベルに成長する。周囲としてもお荷物の面倒は見たくないでしょうから、私のことが邪魔だったのでしょう。しかし、私が仕事を覚えることによって、周囲の人にとって、私がお荷物ではなくなる。そのことも、人間関係の改善にもつながって行ったと思います。

2年が経つころには、もう少しレベルの高い仕事ができるようになり、仕事の苦痛度も和らぎました。

それでも、自分時間は20%くらいだったでしょうか。


今の部署は比較的ゆとりのある部署なので、自分時間は50%くらいになっていると思います。




自分が仕事を嫌いなのを、仕事場のせいだけにするのは発想の貧困だと思うんですよね。

自己啓発本の類なんかでも、読み手の力量が足りないと、書いてあることの素晴らしさに気づけないというのに近いかもしれません。

自分が仕事を頑張って、周囲との関係を良くして、それでもつまんなければ、文句を言えばいいと思います。

私の場合は、仕事で力量を上げても、自分時間満足度は50%くらいです。

やはり、今の仕事を続けるのは最長でも50歳までですね。

それ以上続けるのは、時間がもったいないです。




お金の問題も大切ですね。

節約も頑張らねば。

あとは、市場に対するスケベ心をちょっぴり持ちながら、リタイヤにつなげたいです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
906位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
126位
アクセスランキングを見る>>
リンク