FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2020年を目指す投資

2016年に入って、世界経済は、再び中国不安に揺さぶられてますね。

今年の世界経済に、明るい要素は少ない感じがします。


不安要素としては

中国の減速
原油やその他の資源安と、資源国への打撃
サウジとイラン、シリアなどのイスラム地域の地政学のリスク
米利上げによる新興国マネーの逆回転
ISとテロのリスク
北朝鮮の核問題



明るい要素は

アメリカ景気の回復
新興国で堅調なのはインドとメキシコくらい
日本市場は堅調そう


明るい要素から不安要素を引き算すると、大幅なマイナスな感じがします。





東京オリンピックを目指して



今から4年後の、2020年は東京オリンピックが開催されます。


私がオリンピック出場を目指す訳ではなく、2020年頃に成果が出るように、投資をしていきたいと思っています。



私は2014年から世界経済全体に投資をするインデックス投資を始めました。

現在のところ-8%くらい、金額にすると150万円くらいの含み損の状態です。

2016年も明るい要素はないように感じますので、今年いっぱいの含み損を覚悟しています。

2017年でも、まだまだ含み損は続くかもしれません。



しかし、2020年頃には、プラスに転じられるのではないか、という漠然としたイメージを持っています。



私は、国際分散投資のインデックス投資を選びました。

そして、この投資を10年間続けても、マイナスの可能性が高いと感じたら、そもそもそんなものに投資はしません。


10年とは行かなくても、5~6年くらいの期間で、積立をしながら国際分散投資をしていけば、プラスになっている可能性は高いと思います。


だから、私は2020年頃を見据えながら、積立を続けていきたいと思っています。

そして、積立を続けるかぎり、下落のトレンドは歓迎するべきことだと思っています。


現在は含み損に沈む潜水艦状態ですが、2020年ころに勢い良く水面から飛び出せるようにするには、2016年から続くかもしれない下落トレンドで、安値を拾っていくのが大事だと思っています。


どのみち、もう数年は今の仕事を続けます。

定期収入がある勤め人と積立投資の相性は抜群です。

収支にすると、年間300万円くらいのプラスになっているので、せっせと安値のリスク資産を拾っていきたいです。





値段を見ないシステムの強み


私のメインの証券会社はSBI証券です。

大変人気が高く、利用されている方も多いです。

でも、積立以外の個別株なども保有したり、それを取引したりすると、その都度、SBI証券の口座にアクセスすることになります。

そうすると、積立してるインデックスファンドの金額の損益が目に見えてしまうんですよね。

気にしないと言いながらも、100万円を超える損失を毎日眺めて、気分は良くないです(笑)




値段を気にしないシステムという意味で、セゾン投信のシステムが良いと思っています。

セゾン投信は口座にMRFなどのお金を預けるシステムがなく、他の金融機関からの引き落としをして、セゾン投信のファンドを買いつける、というシステムになっています。

これだと、給料の振込口座から毎月定額が引き落とされていきます。

今、いくらで損益がどうなっているのか、一切気にすることがなくなります。(私の場合に限ってですが)


もちろん、セゾン投信の口座にネットでアクセスして、金額をチェックすることもできるのですが、お金を預けていないので、手動で取引することがありません。手動で取引する必要がないので、口座にアクセスすること自体がなくなります。(私に限ってです)


損失が出ていても、妻に責められることもなくなります。



普通の会社員が投資をするには、セゾン投信のシステムが一番ストレスフリーであると感じます。




まあ、2020年を見据えて、含み損が数年間続いても、投資を続けていきたいです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
159位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。