FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逃げ切り時代は終わった。公務員を17年やって思うこと。

毎年、この時期になると、定年で仕事を退職する人達がいます。


今年も大量採用時代(昭和50年代採用)の職員が退職するので、退職者の人数が多いです。


職場で休み時間に、退職を控えた人達が、なにやら再就職の話をしています。





同じ職場で再任用される

係長以下の役職の人で、現場で仕事をする。
給料は現職時の8掛けくらいもらえる。
仕事内容は、現職と全く同じ。つまり、ガチ労働。
希望者少ない。




嘱託で仕事をする

職場の嘱託職員で、週に29時間くらいの労働。
給料は250万円くらい。
ゆるく、責任もない労働。
希望者多し。




民間企業への斡旋

天下り?
年収は200~300万円くらい。
民間ってきついのかなぁ?
ここ数年で増えてきた。






さて、私が採用された17年前に、定年後に再就職していた人は、ほとんどいなかったと記憶しています。


再就職なんかしなくても、楽勝で逃げ切りできたのだと思います。




それがここ数年で、どうも逃げ切りが難しくなってきたようで、みなさん、定年後も働くようになってきています。





年金の問題とも絡んでくるのですが、60歳で厚生年金をもらえる人は、再就職しなければならないというプレッシャーは少なかったと思います。


厚生年金には、定額部分と報酬比例部分があり、支給される年齢は、生まれた年代で異なります。




話を面倒くさくするつもりはないので、ザックリといきますが、昭和28年4月1日以前に生まれた人は60歳から年金をもらえます。(女性はプラス5年してください。)


以降2年ごとに支給年齢が繰り下げられます。


~30年4月1日以前生まれ
61歳から支給

~32年4月1日以前生まれ
62歳から支給

~34年4月1日以前生まれ
63歳から支給

~36年4月1日以前生まれ
64歳から支給




今年、60歳定年を迎える人は昭和30年生まれの人なので、62歳から年金を支給されます。

つまり、2年間無収入となります。



無収入というプレッシャーが、定年後の再就職を後押ししていると思います。





ちなみに、昭和36年生まれ以降の(我々?)は65歳からの支給となりますので、65歳まで年金の支給はありません。

5年間、無収入になります。




60歳まで働いて、

やったー!
定年だー!
明日から豪華客船で海外旅行だー!


なんて考えは、成り立たなそうです(泣)




年間、どのくらいの支出で生活できるのかは、人それぞれでしょうが、5年間の無収入時代を乗り切るには、現役時代の早い段階から計画を立てていかなければならないでしょう。








もらえる退職金も、大分減っているようです。



私が新卒のころは、35年以上働いて、係長程度の役職で退職すれば、3000万円近かったようです。

定年時に、退職金でローンを完済。即年金生活にGO!




今は、35年以上在職した係長でも2000万円くらいのようです。





数年前に、公務員の駆け込み退職がニュースになったと記憶しています。

退職金が大幅に減額されるということで、駆け込みで退職を希望する人が続出しました。

退職金が減額される前に退職することで、トータルで100万円くらい得するというのが理由だったようです。




聖職である教員が、職務を投げ出して、金に走るのか、という取り上げ方でした。





私にとってはどうでもいいことです。

システムの歪みを、個人の倫理観に転嫁するというのは、私は好きではありません。

実際に退職金が減る立場でもない人間が、外野の分際でガタガタ抜かすのは、汚いとさえ思うくらいです。



私の定年時、今から20年後の退職金はいくらでしょうか?

インフレがどうなっているのかわかりませんが、現在価値で1000万円くらいがいいところではないかと思います。





定年まで働いたって、逃げ切りができないんなら、準備は早めにしておいた方がいいと思います。



定年後に慣れない仕事で酷使される(スキルがなければ仕方がない)より、今のうちから、退職後の自分をイメージして、生活していこうと思います。






それで、今は宅建を勉強しています。

1か月で、やっと試験範囲の1/3が終わりました。

頑張らんと、受からなそうです(汗)





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
855位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
115位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。