FC2ブログ

キャッシュフロー&ライフイベント表を作ってみた

FPが相談者のライフプランについての提案をするときに使うのが、キャッシュフロー&ライフイベント表です。



リタイヤを目指していながら、今まで使ったことがなかったです(汗)





キャッシュフロー表

上記のサイトを参考にさせてもらいました。







まず、家族全員の名前と年齢を記載します。


次に、ライフイベント欄には個人の予定を記載します。


子供については、7歳になれば小学校入学、13歳で中学校、15歳で高校、19歳で大学、23歳で就職となります。


大人は、60歳で定年退職して再就職、65歳から年金生活などです。









キャッシュフロー表は、世帯での収入と支出の予定を一年ごとに記載していき、その収支を計算します。


収入は給料以外のもので得ることは難しく、考える要素が少ないですが、支出は細かく記載することが必要です。







まず、子供の学費です。

幼稚園から大学まですべて公立に通うのと、私立に通うのでは、1000万円以上の違いになります。



私は全て公立という前提で計算してみました。

国立に進学できるくらいの学力もなくて、無理に大学まで行く必要性を感じません。


国立に行けないからという理由で、奨学金を借りてまで私立の大学に入るというのはどうでしょうか?


奨学金は350万円くらいまで借りられますが、それを卒業後に返していたら、20代は貯金をするどころか借金の返済で終わってしまいそうです。



それだったら、高卒で働けば4年も長く働けることになります。



私の基本的な考えとしては、高額な学費を掛けて勉強するならば、それを回収するだけの収入が必要だと思います。

医学部は6年くらい通って、高額な学費も必要でしょうが、医師になってそれを回収するだけの収入を稼げなければ、経済的には損失です。(←個人の生きがいや価値観とは別の話です。)







住宅費も重要です。


新築の4000万円くらいの家を35年ローンで買えば、年間のローンの支払いは140万円くらいになるでしょう。



それに対して毎月7万円くらいの家賃の一戸建てに住めば、年間で84万円です。

さらに、職場から賃貸の住宅手当が出れば、コスト的には賃貸の圧勝でしょう。




私の場合は、官舎なので、ただみたいなもんです(←ただより高い物はない。居住権を握られています。)



私は今の官舎から2年後くらいを目安に、近所の賃貸の一戸建て住宅を借りることを考えています。

そうすれば、子供たちは急な引っ越しで転校をさせられることはありません。

田舎なので、毎月7万円くらいで、そこそこの物件を借りられると思っています。




そして、10年後を目安に都市部の賃貸物件への引っ越しを考えています。

都市部であれば子供たちが高校、大学に通うのに都合のいい立地だと思います。

そうすれば、子供が大学時代に一人暮らしするという経費を削減することができると思っています。

都市部であれば、車を持つ必要性も少なくなるので、車を持たずにその分を家賃に向けられると思います。








保険も大きいですね。


日本の一世帯の保険契約の代金は、年間で40万円くらいだそうです。


すべてが掛け捨てではないと思いますが、40年間40万円の保険を払い続けると1600万円になります。



因みに私が必要だと思って入っている保険は、自動車保険とそれに付随した個人賠償保険です。


妻が結婚前から入っている養老保険は解約させるのも忍びないので、放置してます。

月に1万円くらいですが、あと数年で満期になります。










転職しても大丈夫!





ダラダラと書いてしまいましたが、私の人生プランをキャッシュフロー表に当てはめてみました。




2年後に私が転職して、年収(手取りで)が250万円くらいで65歳まで働く。
妻がパートで年間100万円で60歳まで働く。
生活費は4人で月に20万円くらい。
子供二人が大学まで公立の学校に進学する。
居住費は、田舎の一戸建て、都市部の物件、子供独立後に夫婦で住めるだけの物件に変更する。
車は、都市部であれば持たない。
無駄な保険には入らない。
年金の支給額は、私の予想で計算してみた。





そして、現在の金融資産の4200万円を年間1.5%で運用する。


















大丈夫なんです。






夫婦で90歳過ぎても、マイナスになっていないんです。


今まで貯めてきた金融資産と少ない消費体質は、私の安心と保障になっています。




家のローンで家計がギリギリであれば、どんなに嫌でも定年まで仕事を続けさせられる運命だったと思います。







仮に、明日仕事を辞めても生きていけるという余裕。













お金を貯めることと、節約するということって、こんなに大事なことだったんですね。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
742位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
100位
アクセスランキングを見る>>
リンク