スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FP試験の勉強会に参加した。

今度の日曜日、5月22日にFP2級の試験を受けます。


その一週間前のに当たる昨日、都内で開催されたFP2級試験対策の勉強会に参加してきました。


FP2級勉強会





会場は都内の区立の施設で行われました。


時間は13時30分から20時までの長丁場でした。


受講者は45人くらい。


参加費は一人4000円。


6人掛けのテーブルに座って、最初に問題を解いて、グループ内で答え合わせをします。


そのあと、講師の先生が解説をしながら進めて行くという形式でした。





講師の先生はFP1級を持ち、仕事は金融やFPを顧客としたIT関係の仕事をしているそうです。


仕事の相手が金融やFP関係なんで、ご自身も勉強してFP資格を保有しているようです。


また、予備校でも講師経験もあるので、とても分かりやすい解説をしてもらいました。






FP2級は、3級でも出題されるような楽勝な問題も出るのですが、ひっかけ気味の難問も出題されます。


基本的な問題は省略して、受験生が引っかかりやすい問題に焦点を当てた出題でした。







有意義な勉強ができたと思う反面、参加費と交通費を合わせると7000円近い支出になりました。


ドケチな私からすると、一日勉強するだけで7000円は高い!とも思ったのですが、参加してみました。








参加した理由は、FP2級を受けるのはどんな人達か、ということに興味があったからです。




まず最初にグループ内で自己紹介をしました。



私の自己紹介は、

「私の仕事は公務員で、職場から資格取得を促された訳ではありません。2年ほど前に資産管理のことに興味を持ったことから勉強を始めました。1月に3級を取ったので、5月の2級試験を受けます。」






グループ内の反応は


「へー、意識高いですね。よく自主的にやる気になりましたね。」


なんて感じでした。





ほかの人達は、保険会社、銀行、会社の厚生担当などの仕事の関係で取得する必要があるようでした。















グループ学習をしていて面白かったのは、みんなそれぞれベースが違うんです。





私の向かいに座った30代くらいの女性は、答え合わせの時に、「うーん、わかんない、全然ダメ」と、ちょっと弱気になってました。



しかし、年金や社会保険にはべらぼうに強いんです。


よくよく聞いてみると、会社で厚生関係の部署で働いていて、社労士資格を持っているそうです。


社労士の方がFP2級より遥かに難しい資格ですが、その人に言わせると


「私、株とか全然わかんないです。これ何て読むんですか。ぎゃくにっぽ?」


逆日歩のことをそう読んでいました。




因みに、FP2級の平均的な勉強時間は200時間程度とされますが、社労士の勉強時間は800時間程度とされています。


遥かに難しい社労士の資格を持っているのに、FP資格を難しいと言っていました。



得意不得意とか、個人的な興味も関係するのかもしれません。













斜め向かいの20代後半くらいの男の人は、保険会社に勤めているそうですが、試験勉強慣れしている感じがしました。




聞くと、宅建士の資格を持っているそうです。



宅建の勉強とFPの勉強方法は似ていると思います。


テキストを読んで、過去問を解くことの繰り返しです。


問題も4択の選択肢から答えるマークシート方式が基本です。


宅建の勉強をFPの勉強にも活かせているようでした。




その人も、宅建よりFPの方が難しいと言っていました。


宅建は不動産に限定されているので、6分野を扱うFPよりも取っつきやすいそうです。











商売としての勉強会




さて、この勉強会を運営することで商売として成り立つのか考えてみました。




今回の受講者の参加費は一人4000円です。


45人くらい居ましたので、参加費の合計は17万円くらいです。





会場は文京区の施設のようで、施設利用料金が区のHPに載ってました。


6000円くらいで一部屋を借りられます。


問題等の資料は、講師の先生が用意したA4のプリントが一人数枚配布されるだけなので、経費的には1000円もいかないでしょう。





講師の先生は、7時間で16万円くらい稼いだことになります。






まあ、物凄い儲けかというと、一概にそうとも言えないと思います。


このような勉強会を毎週開催しても、50人近い人数は集まらないはずです。


試験直前の1週間前だから、これだけの人が集まったはずです。


実際に、参加申し込みが1か月前から開始され、定員に達するまでに3週間くらい掛かったようです。




毎週開催しても、毎回50人も集まるはずはないと思います。



FP2級試験は4か月毎に行われます。


なので、ビジネスとしては、年に3回、一日で16万円を稼ぐことが出来るということになると思います。


まあ、下準備も含めれば、もっと多くの時間を掛けているはずです。






ぼろ儲けというほどではないにせよ、それなりに稼げるのは、FP2級という人気資格を扱っているからだと思います。


FP2級は人気資格ランクの上位の常連ですし、先ほどのように、職場から取得を命じられる人も多いようです。





実際に、同講師の開催するFP3級勉強会の希望者は、FP2級の参加者よりも少ないようです。


FP3級は、実務経験のある人が取る必要もない資格だし、需要も少ないのでしょう。





需要を見込めるFP2級の勉強会という市場で、ビジネスを仕掛けているのだと思いました。










宅建ビジネスで勝負する人もいる




宅建合格のサポートだけを専門とする人も見つけました。


宅建合格 レトス



宅建合格のアドバイスをする通信講座を開設しています。


動画の中で講師の人が「弊社」、と言っているので、法人化しているのでしょうか。





宅建の受験者は、年間20万にもいるマンモス資格です。


受験生の多さに目を付けて、ビジネスを仕掛けているのでしょう。


私はこの通信講座を頼んだわけではないのですが、無料動画を何度も見て、宅建の勉強方法などを参考にさせてもらいました。













FP試験の講座、宅建試験の講座、いずれにしても元手のかからないスモールビジネスです。




雇われずに働くということを実現しています。



食っていけそうなものに鼻が効く、そんな嗅覚を身に着けるのが必要なようです。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。