スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FP2級試験を受けてきました。

5月22日、きんざいのFP2級試験を受けてきました。






学科試験の結果です。






MINIDEDE - WIN_20160523_064215



60問中50問正解でした。


試験後に、8割は取れたという手ごたえがあったので、妥当な結果でした。


丸付をしていて、8、9、10、9、9点と来ていたので、9割取れるかな?と思っていたら、最後の相続が5点でした。


相続の分野に特に苦手意識はないのですが、ちょっとひどいですね(汗)










実技試験の結果です





MINIDEDE - WIN_20160523_064224



49問中46問正解でした。


配点が非公開なので、正確な得点はわかりませんが、6割以下で不合格ということはなさそうです。









FP2級の合格率は20~30%ですが…






試験会場に入って、試験開始の直前になっても空席が結構ありました。


全体の2割くらいが、試験会場に来ていませんでした。


受験生の2割が棄権しています。











学科試験は2時間、実技試験は1時間30分の試験時間です。


試験開始後、1時間が経過すれば、途中退出ができます。






私が学科試験を一通り解き終えたのは、試験開始から1時間35分後でした。


そして、残りの時間で見直しをして、ぴったり2時間でした。


試験時間に余裕はないと感じました。








しかし、試験開始から60分経過した時点で結構な人数が途中退出しています。



その後もパラパラと途中退出する人達がいました。




試験終了まで会場に残っていたのは、半分くらいの人だったと思います。







試験会場にすら来ない人、退出時間になると早々に帰る人。


この合計が全体の半分だとすると








本気で受かりたかった人は、全体の半分くらいしか居なかったということでしょう。










興味がない人にとっては、苦痛であり不必要な資格。







私はリタイヤとか転職とか考えているので、FPの知識はとても重要だと思っています。


1 ライフプラン(年金や健康保険)
2 リスク管理(保険)
3 金融商品
4 税金制度
5 不動産
6 相続





仕事を辞めたり転職を希望したりすると、お金の問題から逃れられません。


上記の6分野に精通していればいるほど、的確な判断ができると思っています。


だから、興味を持って勉強できます。






しかし、定年まで働き、さらには延長雇用も考えている人にとっては、FPの知識など小賢しく感じるかもしれません。


会社員を一生やるなら、確定申告を経験することもないかもしれません(←私もやったことないです)


全て会社の制度で面倒見てくれるので、考える必要がないと思います。









一生同じ会社で働く人は、FPなど勉強せずに仕事に没頭すればいいと思います。


そのためには、会社の飲み会などにも参加して、良好な人間関係を維持するのも大切だと思います。











2級合格後




FP2級はよほどのマークミスでもなければ合格だと思います。


6月の終わりころに、結果が出ます。


試験結果を持って、AFP登録の教材を注文したいと思います。


2~3万円くらいの教材を頼もうと思います。


2級を合格していると、この価格帯の教材を頼めます。



2級合格前でも注文できる教材もあるのですが、10万円を超えるものもあります。(←高すぎでしょ)



AFP登録が完了すると、CFPへの挑戦権がもらえるので、そっちを進めたいと思います。(私は実務経験がないのでFP1級の学科が受けられずCFPから1級に進みたいと思います。)





AFP登録と宅建合格。



今年中に達成したいと思っています。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おめでとうございます^^先日の記事から、宅建も余裕で合格しそうですね^^

確定申告の件ですが、ふるさと納税を検討されてはいかがでしょうか?カトヒレさんの年収ならば、かなり節約になると思いますよ!

No title

Maoさん、ありがとうございます。

宅建も確実に合格できるように、勉強をしていきたいです。

ふるさと納税は、確定申告不要のワンストップ特例で去年から始めました。

Maoさんは配当控除を利用するために、会社員時代から確定申告をやっていたのでしょうか?

私も、もっと勉強したいです( ^^)

No title

ワンストップ特例というものがあるんですね。知りませんでした。失礼しました。。。

今は日本の証券会社でも特定口座で米国株取引ができますが、昔は一般口座しかなかったので、確定申告必須でした^^

No title

Maoさん。

ふるさと納税って微妙な制度ですよね。自治体同士が住民税の奪い合いをする。納税者はお礼の品目当てに縁もゆかりもない自治体に納税をする。あまり品の良い制度だとは思いません。こっそりとふるさと納税を利用します ^^)


投資環境もここ10年くらいで、大分変ってきたみたいですね。私が利用している投資信託も、10年前にノーロードというのはあり得なかったみたいです。



プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
71位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。