スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚は贅沢品。ならばコスパを上げていきたい。

結婚すると、お金が掛かると言われます。


メディアなどで、非正規雇用で将来が不安だから結婚ができないという人が多いという意見を聞きます。


実際に、生涯独身という男女の割合も増えているそうです。












そもそも、本当に結婚ってお金が掛かるものなのでしょうか?







単身者の男女が結婚した時のお金の流れを考えてみます。





男性


月収30万円

支出20万円
貯蓄10万円



女性

月収25万円

支出20万円
貯蓄5万円




この二人が別世帯で生活していた時の合計収入は55万円で、合計支出は40万円です。


収支はプラスで15万円です。









健全なキャッシュフローであるこの男女が結婚して同居したとします。




男性の収入30万円
女性の収入25万円

合計収入55万円


収入の合計は変わりません。






支出はどうでしょうか。



男性の支出20万円
女性の支出20万円




合計支出は40万円


とはならないですよね。




同居すれば家賃は一世帯分で済むし、食費も一人分より二人分作った方が割安になります。



家具や家電なども、共有することができれば、二つ所有する必要はありません。



冷蔵庫、テレビ、エアコン、洗濯機など、二人で一台でも生活できると思います。


結婚して同居すれば、収入は同じでも、支出は減らすことができると思います。











それでは、なぜ結婚はお金が掛かると言われるのか。



それは、結婚すると子供を持つ可能性があるからだと思います。



子供を持つとお金が掛かります。


進学する学校などにもよるでしょうが、成人するまでに一人3000万円くらい掛かるとみてもいいでしょう。



子供がいる世帯には、子供手当や会社からの扶養手当などの補助も出ますが、焼け石に水です。







子供がいると、単純にお金が掛かるということもありますが、ガチな節約がしづらいということもあると思います。


子供を持つと、子供に世間並みのことをしてあげたいと思うのが人情でしょう。


周りの子供と同じレベルのおもちゃ、お菓子、習い事などを用意してあげたいと思うはずです。



子供を持つと、ガチな節約ってやりにくいと思います。













子供を持つと、マイホームも欲しくなるだろうとも思います。



シングルやDNKS(子供なしの夫婦)の住宅なら、社宅や賃貸住宅、手狭なマンションの購入くらいになると思いますが、子供を二人くらい持つと、庭付きの一戸建て住宅がほしくなると思います。



それで実際に一戸建て住宅を買う人も多いのですが、子供二人と一戸建て住宅を持つことで、かかる費用はいくらでしょうか?




子供一人あたり3000万円。二人で6000万円。


一戸建て住宅が4000万円。







1億円になってしまいます。





結婚は贅沢品だと言われる理由は、子供を持つ可能性があるからだと思います。













子供を持つなら、コスパを上げたい





私も身をもって感じていますが、子供を持つとお金が掛かります。




生んだからには、きちんと育てないといけない責任があるので、中途半端な覚悟で子供を持つべきではないと思っています。





子供を一人持つことで、掛かる金額を仮に3000万円としました。






それだけ贅沢なものを持ったからには、親は子育てをしながら自分自身が楽しんだり、学びや気づきを得たりする成長の糧にしないと勿体ないと思います。






子育てをしながら、親の方が楽しんだり、学んだりするにはどうすればいいのか。





私は、子供に対して関心を持つことだと思うんですよね。







以前、愛情の反対は憎しみではなく、無関心であるという記事を書きました。

以前の記事




子供に対して愛情があるということは、子供に関心があるということだと思います。



感心があるからこそ、子供がやってはいけないことをしたときに叱りますし、努力してできたことを褒めたりします。





子供が友達に暴力を振るって怪我をさせて、その家に一緒に謝りに行くのが嫌だから子供を叱るとか、そんなレベルの問題じゃないと思います。





子供が将来、間違った方向に行かないようにするために叱ることもあるし、褒めもする。



子供に対して関心がないとできないと思うんですよね。












私は、深く考えることもなく、結婚して二人の子供を持ちました。



3000万円が二つ、6000万円の超贅沢品です。




贅沢品を持つことのコスパを上げるにはどうするか。






最大限、子供に関わることなんじゃないかと思っています。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

男性
月収30万円
↑僕は30手前で月収16万円ですがどういう計算になるでしょうか?

やっぱり結婚は贅沢品ですね?

No title

給与収入(月収)から、社会保険料と税金を引いた金額が手取り(可処分所得)になるはずです。

月収30万円なら、手取りが20万円を下回ることはないと思いますが。

職場の団体保険料などが天引きされているのかもしれませんね。


結婚は贅沢だと思いますが、結婚でしか得られないものもあると思います。
プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。