FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FP2級試験、合格だった。

5月に受けたFP2級の試験の結果が出ました。





受験したきんざいのHPに照会を掛けて、合格していたことが分かりました。


合格証や採点結果の通知は後日(10日後くらい)送られてくるようです。







特に嬉しいとか、達成感などは感じませんでした。




自己採点の結果が


学科
50/60

実技
46/49



だったので、合格を確信していたということもあるのですが、この資格を取ったことでファイナンシャルプランナーを名乗る気にはなれないからです。








FP2級は、200時間程度の勉強をすれば取れる資格です。


実際に私は、去年の10月頃から勉強を始め、1月の3級受験時には2級の合格レベルには到達していました。


勉強に費やしたのは4か月程度でした。





試験に合格して、


やっと終わった、というやりきった感よりも、もっと勉強しなければ話にならない、と感じています。




たった4か月で取れる資格で胸を張ってファイナンシャルプランナーと名乗る気にはなれないです。




一応、最低限の基礎の基礎くらいは知っています。


という程度の証明くらいにはなるのでしょうが。













それでも、FP資格の勉強をすることを通して、勉強する習慣がついたことと、着実な努力を積み重ねるのが大切だということに気づけたのは、大きな収穫でした。





社会人を20年近く続けてきて、学生のころのような勉強習慣もなく、今更勉強して資格を取るということ自体、ものすごく高いハードルでした。



お金を出して参考書を買ってきて、時間を捻出して、それを勉強に充てる。


このことを実践するだけでも、大変な進歩だったと思います。







勉強する習慣がない状態(努力できない状態)が前提であった場合、どんなに簡単な資格でも取ることはできないと思います。






今から1年くらい前、書店でFP2級の参考書をパラパラとめくっていて、書いてあることの意味が分かりませんでした。



自分にはこんな難しい資格は取れない。

そう感じました。





食わず嫌いというのか、分からないもの、未知のものに対する恐怖とでもいうのでしょうか。



敵(資格)を知らないから怖かったんですね。






じっくり腰を据えて、自分と敵を観察してみると、徐々に全貌が明らかになっていき、恐怖が和らぎました。






FP2級は200時間程度の勉強をすればよく、市販の参考書と問題集を繰り返せば合格することはできる。

難問奇問はほとんどなく、4択問題を6割の正解で合格できる。

合格率が20%台というのは、厳しい数字にも見えるが、受験生全員が本気で勉強している訳ではない。







知ってしまえば、なんてことはないものだと気づきました。






知らないものに必要以上に怖がらずに、向き合ってみることが大切だと気づきました。








また、これから勉強を深堀りしていくつもりですが、FP2級の勉強は、ちょうどいいウォーミングアップになりました。



継続的な勉強習慣がなくても受かるほど簡単ではないが、勉強を投げ出してしまうほど難しくもない。


勉強習慣を含めて、資格の入門編にちょうどよい難易度の資格だと思いました。











AFPを取る理由




FP資格には、大まかに分けて2種類あります。



国家資格のFP1,2,3級と

民間資格のCFPとAFPです。




難易度でいうと



FP1級  CFP


FP2級  AFP


FP3級




厳密な解釈ではありませんが、概ねFP1級とCFPが同格、FP2級とAFPが同格です。






FP2級に受かっていることと、AFP研修が終了していることを条件に、AFP登録ができます。


民間機関の日本FP協会の会員となり、AFPとして登録します。


FP協会に入会することで、入会費と年会費が発生します。


入会費10000円

年会費12000円




FP2級という資格は、民間で金融に関する業務をしている会社員などや、お金に関心がある人が趣味で取ったりする資格です。




会社も2級取得は促しても、AFP登録を要求することは少ないと思います。


個人でも趣味として持っているだけなら、お金をかけてまでAFP登録する必要はないし、実際に登録している人も少ないと思います。









しかし、私はお金をかけてAFP登録したいと思います。





理由は、異業種の人と接してみたいと思うからです。


特に、雇われて働いていない、非会社員がいいですね(笑)








最近になって思うことですが、人って、自分の周囲にいる人達の考え方に大きく影響を受けるのではないかということです。







私の職場の99.9%の人は、定年まで働くことを当然と考えているようです。

途中でやめるという考えがないので、仕事さえやっていればそれでOKという思考の人が多いです。

そういう考えなので、適齢期に結婚して、子供を持って家を買うのが当たり前という風潮があります。

40歳を過ぎても独身だったとすると、人格に問題があるから結婚できないと見られたりします。

私は40歳を過ぎて家族もいますが、家を持っていないことを不思議がられます。








面白いくらいに、みんな考えが同じなんですよね。



同じ環境に長期間身を置いていると、考え方まで似てくるんじゃないかと思います。








だから、この職場からの脱出を試みている私にとって、参考になるような意見を聞けることはゼロです。





逆に大多数のわが職場の人は、定年まで転職せずに終身雇用を目指しているのだから、アーリーリタイヤなんて語ったところで、全く響かないでしょう。








考えていることと、目指しているところが全く違う、私と私の職場の人はミスマッチなんです。









お互いに得るものがないんです。
(これは、どっちが優れているかという問題ではありません。)











異業種の人、特に雇われないで働いている人達と仲良くなりたいです。


そのための、AFP登録です。




AFP登録すると、FP協会が主催する勉強会や交流会に参加できるようになります。



そこで、自分のためになるような人と知り合いになれるのか?









やってみないと分かんないです。


ダメだったらまた考えます。


いずれにせよ、職場以外の人脈にしか、活路はないと思っています。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

FP2級、合格おめでとうございます。AFP登録で面白い方と出会えるといいですね!

No title

Maoさん。

Maoさんは人脈について、時々言及されていますよね。

参考になります。






無職での肩書についてですが、

アパートの大家さんしてまーす ^^)

なんて言うと、和みそうな気がします。


プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
159位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。