FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インデックス投資を始めて2年。今の心境。

今、AFP登録するための「提案書」という課題の作成をしています。


甘っちょろく考えていたら、意外と手間がかかりそうです。


インプット式のFP試験とは反対に、アウトプット式の課題のようです。


8月15日ころまでに出さないと、11月のCFP科目試験の受験ができなくなるので、取りあえず、こっちを最優先にやっつけていきたいです。


必要時間は20~40時間と見ています。


終了後に感想などを書いてみたいです。













私がインデックス投資を始めて2年が経ちました。


インデックス投資に対する、現時点での私の考えを書いてみます。











私は2014年6月から投資を開始しました。



一年半くらい掛けて、総資産の60%くらい、2500万円くらいを投資しました。



その後は、毎月20万円くらいを投資しています。



このペースで行くと、そのうち現金が少なくなってきて、身動きが取れなくなる恐れがあるので、ある程度のところで積立のペースを落としていくつもりです。






さて、現時点での投資のリターンはマイナス10~15%を行ったり来たりです。


損失額は、250~350万円あたりでしょうか。






あまり正確に把握していません。







理由は、考えてところでパフォーマンスに影響しないからです。






インデックス投資を選択した理由としては、







自分で銘柄選別ができない。

売り買いのタイミングが分からない。

投資に手間を掛けている時間がない。








と考えたからです。





ゼロサムの世界で勝てる気がしなかったので、株式指数に乗っかって利益を得るというインデックスでの運用を選択しました。








始めて1年くらいは、右肩上がりの相場だったので、ずーっと含み益でした。



最大の含み益は150万円くらいだったと思います。



それが2015年の8月チャイナショックで初めて含み損状態に突入します。


(チャイナショックって懐かしいとすら感じます。株式市場の歴史からすれば、ほんの些細なできごとなんでしょうね。最近のブレグジットも何年も経てば、そういえばそんなこともあったね、という扱いをされるのでしょう。)





含み損になって、1年くらいが経とうとしています。






定期収入がある身分で、バイアンドホールド戦術をとるからには、含み損の期間が長ければ長いほど後々のパフォーマンスが上がると思っています。


















世界経済の成長に掛けたいという考え





私はバランスファンドをメインに投資をしています。


投資対象は


日本株
日本債券
先進国株
先進国債
新興国株
新興国債




これらの資産をインデックスで持っています。





株式市場の時価総額の拡大とか、各国のGDPの成長などを期待して投資をしています。







細かいことはよくわからないので、大雑把なイメージです。




でも、素人がイメージで買うインデックスに、プロのアクティブが勝てないという事実があります。




難しいことは考えてもわからないので、インデックスでほったらかしで十分だと考えています。








アジアやアフリカ、南米などの経済が長い年数を掛ければ伸びるということを期待しています。


そして、その成長に掛けたいと思っています。


それを引っ張るのは、アメリカ、欧州、日本などの先進国だと思います。


新興国を引っ張る技術の提供者として、先進国の役割も欠かせない。








世界経済全体に長期投資をしていれば、損をする可能性は低いと思っています。











資産を自国通貨以外で持つこと



日本で働き、円で給料をもらい、円で生活をしていれば、リスクとは無縁でしょうか。







私は円建ての資産のみを保有することのリスクを感じています。




円のみの資産(預貯金や不動産)で保有していた場合、円の価値が変わった時に、損益はどうなるでしょうか。








1ドル100円の円高状態の場合。

1ドル200円の円安状態の場合。





円のみで資産を持っている状態では、円高の状態、つまり1ドル100円の方が有利でしょう。




円が強くなれば、消費者としては有利になります。




輸出に重点を置いている日本企業には円高は厳しいでしょうが、一般消費者には円高は有利になると思います。





難しいことはよくわからないので大雑把な考えですが、円の相場が円高、円安、どちらか極端に進んだ場合のリスクを回避するために、自国通貨以外の資産を持っておきたいと思っています。











投資をしているというよりは、お金の置き場所という感覚







円のみで資産を持つのをリスクと感じる。

株式を保有して、世界の成長に掛けたい

株だけだと変動も大きいので、債券も持っておきたい。








こんな考えを持っています。








インデックスファンドは保有コストも安い。

外貨建ての投資信託で、資産を外貨で持つことができる。

頻繁に売り買いしたいわけではないし、そんなことしても勝てるとは思わない。

預貯金のみで資産を増やせるとは思わないのでリスクは取りたい。

保険商品で運用するつもりはない。

今のところ不動産には手を出すつもりはないので、それなりに現金を動かせる。









私は難しい理屈を考えても、理解できないと思っています。


そして、多少知識を付けたところで、投資のパフォーマンスにつなげるのは簡単でないと思っています。




なので、金融の知識を増やしたいという意欲に乏しいです。


インデックス投資のパフォーマンスにあれこれ考えるのって、投資の専門家や投資が趣味の人がやればいいと思います。




私は難しいことを考えることを放棄していますので、大分前から思考停止状態です。






金融を考えるよりも、生きてる限り必要になる不動産や、子供がいる限り必要になる教育などに興味があります。















そうすると、投資をしているというよりも、どこにお金を置いておくかという、お金の置き場所のような感じになるんですよね。







今の資産運用に対する考えは、売り買いというよりも、お金の置き場所をどこにするかという感覚です。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
855位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
115位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。