スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資などについて

10月になりました。


宅建試験も2週間を切りました。


勉強も最後の追い込み時期に入ってきたんですが、最近忙しくて勉強不足気味です。


でも時間が取れる時期に先取りして勉強しておいたので、それほど焦りはありません。


今まで積み重ねたものを出し切れば、必ず合格できると思っています。



試験日は10月16日で、合格発表は11月30日です。


もしこのブログを見ている人で、今年宅建を受ける人がいれば、一緒に頑張りましょう。










自動積立は縮小方向




インデックス投資は積立投資と相性がいいと言われます。


銘柄選別や売買のタイミングの時期で儲けようとする投資方法ではないだけに、自分の許すリスク許容度のアセットアロケーションを組み、定期的な自動積立と相性がいいのでしょう。



そして、定期的な収入のある会社員とも相性がいいと言われます。






私はSBI証券で1600万円程の資産を保有していますが、買い付け余力(現金)は30万円程度です。(写真撮ったんですが、画像が荒くて没にしました。)


定期的にこの口座にお金を入れている訳ではないので、これ以上買い付けする余力がなくなりました。



投資を開始するまでは、現金と保険のみで資産保有していたので、手動も含めてかなり高額な定期積立をしていました。



1か月で50万円くらいを定額で買い付けて、安いと思ったらさらに追加投資をしていました。


1か月で200万円くらい投資した月もありました。



ちまちま積み立てていって機会損失するのが嫌だったので、結構なハイペースでリスク資産を購入していきました。




そして当初の目標だった


無リスク資産:リスク資産の割合は40:60にほぼ近づきました。



金額だと総資産4200万円のうち、無リスク資産が1500万円でリスク資産が2700万円くらいだと思います。
(家族の口座が多くて金額の正確な把握が面倒になっています。)











この資産割合で、マーケットの急上昇と、大暴落のどちらがきたら嬉しいか、と問われれば、










急上昇のほうが嬉しいと思うんです。







これって、自分のリスク許容度を超えて投資をしてしまっている証拠ではないかと思っています。






マーケットが上がったら単純に利益が出て嬉しいと思い、下がっても安く買えるから嬉しい、というのが丁度いいのではないのかと。





暴落を嬉しいと感じられないのであれば、買い付け余力の不足、(リスクの取りすぎ)を疑ってみるのもいいのかもしれません。








これからしばらく、積立額を縮小して、買い付け余力の拡大を図っていこうかと考えています。












既存のファンドは時代遅れなのか?




2015年から2016年に掛けて、低コストのインデックスファンドが次々に誕生しました。


外国株式クラスでも0.2%程度のコストで投資できるようです。




私は乗せ換えるのが面倒なので、世界経済インデックスファンドでの投資を続けています。




インデックス投資をする人に、いまさら世界経済インデックスファンドの説明をする必要もないでしょうが、2009年に誕生したファンドで、世界中の株式や債券に分散投資するバランスファンドです。




コストは0.54%なので、最近登場した低コストのファンドには大きく見劣りします。




e-maxisシリーズやSMTシリーズ、世界経済インデックスファンド、セゾンバンガードなどはもう時代遅れなのでしょうか?




私は2年くらい前からインデックス投資をしている新参者なのでよくわからないのですが、リーマンショック以前からインデックス投資をやっているベテランの投資家さんのブログなどでも、「一気に乗り換えたよ」などという意見は見た記憶がありません。




「良さそうなものが次々と出ているけど、もう少し様子を見ようか。」



その程度の意見が多い気がします。





誰がやっても結果が同じなのがインデックス投資の良いところだと思います。




アナリストがやろうが、経済学者がやろうが、私がやろうが、子供がやろうが同じ結果になるのがインデックス投資です。






しばらくは投資商品を変えるつもりはないです。





したばたとファンドを変えるという動きをしても、おそらく結果は大して変わらないでしょう。




インデックス投資とは、そういうものではないかと思っています。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
71位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。