宅建資格合格証

10月16日に、宅建の試験を受けてきました。


結果発表が本日、11月30日でした。











P_20161130_135129.jpg





自宅に合格証が届きました。



今年の合格点は35点だったので、比較的難易度の低い試験問題だったと言えると思います。



私は、自己採点44点だったので、合格を確信していたんですが、やはり正式に結果が出るとうれしいものですね。



試験に合格して、2~3日くらいは高揚感に浸れるでしょう。








さて、以前から考えていたのですが、私はお金をかけて宅建士の免許を取ろうと思っています。



宅建は、試験に合格したらすぐに免許がもらえるわけではなく、知事に登録して、免許申請をしてからでないと免許がもらえません。





登録料が、37000円だったと思います。


講習代と免許申請代が15000円くらいだったと思います。





さらに、私のように実務2年を経験してない人は、大手予備校の実務者講習を受けなければなりません。



これが、大体2万円くらいです。





トータル、7万円と見込まれます。


これが、最初にかかる費用です。








宅建免許は5年ごとの更新なので、5年後に講習代と免許申請代が掛かります。



免許の維持費は、5年で15000円です。


初期費用はそれなりに掛かりますが、この維持費は安いような気もします。



ファイナンシャルプランナーの日本FP協会のAFPとCFPは年会費が1万円程度かかりますので、宅建はそれほど高い維持費とは言えないと思います。






それと、実務2年というのは、異業種の人間が簡単に得られるものではありません。





今の仕事を辞めて、不動産会社に就職して2年たったらやっと宅建士になれますが、ちょっと現実的じゃないですよね。



それに対し、予備校の講習を一日か二日受けたくらいで実務2年という資格を得ることができます。



2万円で、実務2年という資格を買うと考えれば、安いもんじゃないかと思っています。




今はCFPの科目試験に専念しますので、来年の後半くらいに、宅建の登録をしていきたいと思います。










その他、最近の出来事など





確定拠出年金を職場の厚生担当の人に確認したところ、現在、うちの職場は事業所登録をしている最中であるとのこと。


支店の厚生担当の人に聞いても全く分からなかったようなので、本店に確認してもらったところ、そのような回答だったそうです。










公務員が確定拠出年金を使いだすのは、まだまだ先のことなのだろうと思います。



個人型の確定拠出年金の利用者が、利用可能者の0.4%程度に過ぎないということも聞いたことがあります。







職場にこの話を持っていったときも、最初に言われたのは財形年金や職場の年金積立をやった方がよいのでは?ということです。




二言目には非課税、非課税。




いったい何が非課税なのでしょうか?



運用益が非課税なんですよね?



恐ろしく低い利率で得られた、雀の涙ほどの利益が非課税だって、嬉しくもなんともないんですよね。





私は魅力を感じられないので、2年ほど前に財形年金を解約してしまいました。















確定拠出年金はSBI証券で開設するつもりです。



拠出できるのは月に12000円なので、ポートフォリオ全体に与える影響は小さいです。



債権を入れたバランスファンドにする必要はないと思います。



全部株でもOKでしょう。



外国ニッセイ株式とIfree新興国株が0.2~0.3%のコストでできるようですので、それを6000円ずつで十分かなと。

















そういえば、2015年のふるさと納税をワンストップ納税でやったつもりだったのですが、手続きをやり忘れていました。


7万円寄付したので、68000円が住民税から控除されるはずでしたが、ほったらかしで手続きするのを忘れてました。


税務署に寄付証明と給料の源泉徴収などを持っていけば、還付請求が5年まで遡ってできるそうです。




うーん、ふるさと納税、あんまり興味がわかず、妻に任せっきりです。















最近は、CFPの金融資産を勉強しています。



オプション、先物、債券、外貨、ヘッジ取引など。


投資信託でほったらかしな投資手法の私からすると、難しくて頭が爆発しそうです。


ひーひー言いながら勉強していますが、つまらなくはないです。






こういう世界で勝負する人達もいるんだなあ、という興味がわきます。




















日々の仕事をこなし、給料をもらい、無駄遣いせずに資産を貯めることは、私の自由につながります。





そして、仕事をしながらでも、資格や知識などを深めていくのは、私の夢につながります。












18年仕事をやって、今の仕事から離れるのが夢なのです。





見果てぬ夢かもしれませんが。







勉強を続ける

資産を貯める







この二つが自分の夢につながると思っています。













明日から引き続き、仕事をこなしながら勉強を続けたいと思います。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。検索よりたどり着きました。
まず宅建合格おめでとうございます!

全ての記事を読ませて頂きました。
カトヒレさんのブログを読み、私もFP(3級)の勉強を始めました。

私の場合、現在の職場が残業第一主義であり、効率良く仕事をして定時で帰るより、だらだら仕事をして残業をする方が評価される体制に嫌気がさし早期リタイヤを考え始めました。
いくら効率良く仕事をしても、残業が少ない(月50時間程度)と他職場への手伝いに行かされたりします。

私は現在41歳なのでカトヒレさんと年齢は近いですよね。結婚が遅かったので子供はまだ1歳です。
趣味はスノーボードで独身時代は1シーズン50回は滑っていました。それを20年続けました。現在も30回は滑っています。1級を所得しているのでインストラクターとしても働けます(冬だけですが・・)

投資は不動産投資をしており、小さいアパートを3棟、マンション(太陽光発電付)を1棟、そして来年に戸建賃貸を3棟新築し、野立て太陽光発電80KWを始めます。
アパート3棟は父が建てた物で(父は2年前に他界)、相続税対策で利回りはほとんど期待できません。
ですのでマンションと戸建、太陽光発電で来年末に退職を考えています。
不動産収入だけでの生活はまだ厳しいですが、もう少し自分の時間が持てる仕事に変えて(そんな都合良く再就職できるかわかりませんが)早期リタイヤ目指して頑張りたいと思っています。

カトヒレさんのブログを見ていると同感する部分が多々あり、私にとって励みになっています。これからも頑張って下さい!
よろしくお願いします。


No title

MAAさん。はじめまして。

宅建資格の検索からお越しいただいたのでしょうか。

私も、定年まで働きたくないので、FPの知識は必須だと思い勉強しています。


価値観の合わない職場に属していると、お金はもらえるけれど、人生の時間を喪失しているような気がしますよね。


不動産投資、すごいですね^^
FPの資格は不動産投資とも相性がいいと思います。


来年末に退職予定とは、羨ましいです。
私の資産の額では、近々リタイヤするというのは難しいのですが、いつか可能にになるその日に向けて、着々と準備をしていきたいです。



No title

カトヒレさん
返信ありがとうございます。

カトヒレさんのブログには、セミリタイア、アーリーリタイヤでたどり着きました。
いくつかあったブログの中でも、共感できる部分(特に仕事)が多かったのでコメントさせて頂きました。

過去の記事の時給計算をしてみました。
私の時給は1700円台でした。
それでも近隣の企業よりボーナスは出ますし、田舎の企業では良い方なのだと思います。
それにしても公務員の給料は羨ましいですね。

また新しい記事を楽しみにしています。よろしくお願いします。
プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1000万              投資信託   2500万          株、ETF     200万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。具体的な金額を公開しながら、生々しい取引の状況などを見てもらいたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
1129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
128位
アクセスランキングを見る>>
リンク