FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月になりました

9月になりました。


今年の夏は変な天気だったですね。



例年、千葉県内の大型屋外プールに家族で行っているんですが、今年は8月中に雨が多くて行けませんでした。



7月の初めはどうなっちゃうのかと思うぐらいの猛暑日連発でしたが、夏休みに入ってからは、雨が多かったですね。






最近は北朝鮮情勢もホットですよね。



ミサイルや核実験の報道のたびに、株安、円高になりますが、あまり大きくはぶれませんね。


それにしても、リスク回避は円高と相場が決まっているようですが、地理的に北朝鮮に近い国の日本の円が高くなるって不思議ですね。




詳しい事情はわかりませんが、世界経済と日本企業の業績は底堅いようです。











FP1級を受けてきました




P_20170911_103010.jpg




9月10日に行われたFP1級の実技試験を受験しました。




私はいわゆるCFP組というやつでして、CFP6科目受験を合格すると、5月の学科試験が免除され、9月の実技試験を受けることが出来ます。



学科試験を突破する方が大変、という意見もあれば、CFP科目試験の方が大変、という意見、双方があります。



まあ、合格しちゃえば、どっちのルートだろうと大した問題ではないと思います。







今回行われた実技試験は2級レベルの知識があれば合格できるという情報を鵜呑みにしていました。



ほとんど試験対策をせずに試験に臨みましたが、私の実感だと、そこまで簡単ではなかったです。






CFP合格当時の実力があれば、ほぼ確実に受かるでしょうが、忘却による実力の低下がどの程度であるかが、合否の分かれ目になると思いました。


私は去年の11月にタックス、今年の6月に他の5科目の試験に合格したので、知識がフレッシュだから良かったです。




一方、勉強からの期間が開いている人には厳しいと思います。



CFPは3年くらい掛けて6科目制覇する人もいますが、3年前の知識なんて、大概忘れているもんでしょう。




短期で集中した勉強をするのはエネルギーがいりますが、忘れる前に一気に受験する方が効率がいいかもしれません。






問題集は持ちかえり可能で、当日の17時30分に模範解答が発表されます。




6割の正解で合格となります。




点数配分は公表されていないので、自己採点をしても合否の確定はできませんが、私の自己採点では9割くらいは合っていたので、まず大丈夫だと思われます。



問題には、300文字程度の記述もあり配点がどうなっているかわかりませんが、まず大丈夫でしょう。




合格発表は11月7日です。











そういえば、おまけに、証券外務員1種という試験も8月中に受けました。




証券会社に就職が決まると、在学中に取ってくるように言われる資格だそうです。



難易度は大したことありません。



私は約2か月準備しましたが、これだけ取れば十分でした。




証券外務員という試験の受験方法は極めて変わっています。



日本証券業協会がプロメトリックという会社に試験を依頼しています。



試験はパソコンで行われ、私物の持ち込みは一切不可。



パソコン室に入る前にロッカーにカバンなどを入れさせられます。



電卓はパソコンのアプリを使います。



計算などのメモのために、マジックと特殊な紙を2枚渡されました。




私は事前に受験体験などのブログを読んでいたのでそれほど驚きませんでしたが、事前情報なしだと、かなり面食らうと思います。



受験票や公式サイトにはその辺のことが一切、載っていないんです。



合格発表も、試験後に通知書みたいなやつを渡されます。



そこには、「あなたは70%以上の正解だったので合格です」みたいなことが書いてあるだけです。



ほんとにそっけない感じです。


2か月勉強したのに、ちょっとあっさり過ぎで拍子抜けです。












次の試験は社会保険労務士に挑もうかと思っています。



今までの資格とは段違いの難易度になります。




必要勉強時間は800~1200時間とされます。




最低でも8カ月の準備期間は必要とされます。




なんで受けようかと思ったら、面白そうだからです。(笑)




試験範囲は健康保険、国民年金、厚生年金、労災保険、雇用保険などです。





私は、今日明日に仕事を辞めるつもりはありませんが、定年までの60歳まで今の職場で働くのはイヤです。




それに、何度もブログで言ってますが、私の時代は70歳近くまで働かなければならないと思っています。



大学卒業から定年まで47年とかいう時代がやってこようとしているのに、一つの会社にしがみつくだけの戦術は極めて危うい生き方じゃないかと思います。



そんな時代に、違った選択肢などを考えるうえで、社労士の分野を学んでおくのも悪くはないかと思っています。



ただ、それだけの受験動機です。






難しくて挫折するかもしれませんが、それもいいでしょう。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
613位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
87位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。