FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株式市場、社労士など。

10月になりました。



最近の株式市場は絶好調ですね。



日経平均も上がっていますが、それよりも、アメリカ株が凄いですよね。




私は毎朝起きると、スマートフォンでNYダウとドル円の為替を確認しています。
(それで、その日の日経平均の動きも大体予想できますよね。もちろん、儲けられるわけではありませんが。)




去年の今頃、NYダウは18000ドルくらいでした。




最近は連日、史上最高値を更新しています。




今は23000ドルに届こうかという勢いです。




ちょっと怖いですね。





最近はチビチビ株式の投資信託を売って、保有比率を下げています。





ベテランの方のインデックス投資のブログを読んでいると、


最初に自分のアセットアロケーションを決めたら、それを忠実に守るためにリバランスをしながら投資を続ける、


というようなことが書いてあります。


株60%
債券30%
リート10%

などと決めたら、それを忠実に守る。

株が好調だからといって、債券を売って株式の比率を上げるなどということは行わず、大きくなった資産を売って小さくなった資産を買うというリバランスを行う。














しかし、そもそも、自分に最適のアセットアロケーションって、最初から見つかるもんなのでしょうか?




株50%
債券50%
年間の最大損失想定は30%
1000万円投資したので、年間で最大300万円までの損失を想定する



しかし、想定するのと実際に損失を食らうのとでは訳が違います。



私も最大400万円くらいの含み損を食らった時期がありました。



損失率は15%くらいでした。


まあ、その時点で売ることはしませんでしたが、ちょっとしたストレスにはなっていました。


もし、損失が30%に達していたら、売らずに我慢できたかどうかわかりません。







自分にとって適切なアセットアロケーションは、自分で損失や利益を経験しながら見つけていくしかないのではないかと思っています。











前振りが長くなりましたが、社会保険労務士試験についてです。




社会保険労務士の勉強を始めて1か月たちました。




試験は毎年8月後半なので、受験まで10カ月です。




今回も独学で行くつもりです。





試験に対する考えや、教材選びなどです。







P_20171006_102243.jpg



まず最初に、2017年試験対応のU-CANの入門本を購入しました。



2200円なり。



社労士は8月に試験が行われ、翌年の試験対策の教材は、その年の10月後半に販売されます。



現時点で2018年試験対応の教材は売っていません。




10月後半まで、何もせずにいる時間が惜しかったので、一年落ちの教材を買いました。






まず、社労士の試験がどんなものか全然わからなかったので、入門本から始めました。




社労士は難関資格と言われており、合格率は例年5~7%くらいで、平成27年に至っては2.7%だったそうです。





難しくて挫折することを覚悟しながら入門本を読んでみると、とんでもなく難しいことを問われている試験ではないと感じました。




特に社会保険分野は、CFPで勉強したところとも重なるので、なんとかなりそうな感じを受けました。




合格率が一桁台だから難関と言われるのかもしれませんが、合格率は受験資格と大きな関係があると思います。





例えば宅建ですが、宅建の合格率は20%を切るくらいです。



これは難関と言えるのでしょうか?



10人に8人は落ちるという試験ですが、この試験には受験資格はありません。



誰でも受けることが出来ます。



過去最年少の合格者は12歳で、最高齢は90歳だそうです。




誰でも受けられるということは、本気で勉強してきた人達ばかりではないということも言えると思います。




去年、私が受験したときには、けっこう空席がありました。



この時点で棄権ですね。



試験に来てもずーと寝てる人もいました。




仕事の関係で仕方なく受けさせられている人なのかもしれません。



おそらく、勉強もほとんどしていないのでしょう。




そういう人達を全てひっくるめての合格率20%です。



大したことないと思いません?



因みに私は去年宅建を受けましたが、自己採点は44点でした。


合格ラインは35点でした。



44点という試験は自分にしては出来すぎでしたが、全ての受験者の上位5%くらいには入っていると思います。





社労士も同じように受験者の上位5%に入ればいいというだけの話です。




そんなにすごい人達ばかりが受験してくるんですかね?




社労士試験も受験資格は大卒以上でOKなど、比較的緩いです。




合格率一桁台だからといって、ものすごい難関とは考えずに、やるべきことをきちんとやれば、合格する可能性は十分あると思います。






P_20171006_102252.jpg


TACの社労士のテキストです。






P_20171006_102259.jpg


TACの社労士の問題集です。






P_20171006_102336.jpg

分離して2冊の本になります。

2冊合わせて900ページくらいです。



P_20171006_102353.jpg


こちらも同じく2冊になります。

2冊合わせて800ページくらいです。












こつこつ勉強して、一発合格を目指します。








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

社労士

はじめましてカトヒレさん。
今年宅建初受験して、自己採点41点でマークミスが心配で悶々としている
もうすぐ42歳の公務員ですが,宅建と公務員でこちらのブログがHITしまし
て,いろいろ参考になります。
ちなみに今いつまでも宅建の心配してても仕方ないと思い、12月3日の管理業務主任者の試験(やや1週間勉強していませんが…)に向け勉強しているところです!!
この1週間勉強しないでいろいろ考えていると,来年はマンション管理士か、
社労士に挑戦したいと考えていたのですが、社労士は難関のイメージが強く
て無理かなって思ってましたが、なんかこの記事見て結構勇気わいてきま
した!!
カトヒレさん社労士の勉強頑張ってくださいね。

No title

初めまして。アップクォークさん。

もうすぐ42歳ということは、私と同い年ですね!

近い立場の人から意見を頂き、うれしいです。



宅建合格おめでとうございます!

41点なら、絶対大丈夫ですよ。



管理業務主任者は、宅建と試験範囲が被りますよね。

試験は確か12月、頑張ってください。



のんびりペースで更新しますが、たまに覗いてやってください。


プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
613位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
87位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。