スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月になりました

2月になりました。




今月上旬に株価な大きな下落がありましたね。




現時点では大分下げ幅を回復させてきましたが、なんか不気味な感じですね。




全世界的な金融緩和からの出口戦略に伴い、大きな変動がありそうな気がします。





何があっても大丈夫なように、自分のリスク管理をしながら投資を続けていきたいと思います。










間もなくCFP登録








去年の9月からCFPみなし実務講習というものを受けています。



CFP登録にはFPの実務が3年間必要です。




3年間のFP実務のない人は、講習を受けることで実務経験にみなしてもらえるというものです。




講習1時間に対し、実務経験が1か月とみなされます。




私は実務経験ゼロなので、36か月間分の実務経験、つまり36時間の講習を受けなければなりません。




私はFPの予備校主催の講習会に参加しています。





連続する土日に6時間ずつ受講するというもので、2日間で12時間(12か月分の実務経験とみます)の講習です。





1回の土日で12か月分なので、計3回受講すれば36か月分の実務経験となります。




昨年の9月中に一度、今年の1月に一度、そして今月の後半に最後の講習を受けました。





一回の講習は29000円です。





FP資格に興味のない人からするとバカげた金額ですね。




土日を3回も潰しておいて、一回に3万円近くを払う。








受講生は、一回に20人前後です。




年齢層は30代、40代が多くて、50代があまりいない感じで、定年後の60代や70代の人もいました。






主催する予備校も慈善事業ではないので、利益を出さなくてはなりません。





会場を借りて、講師を派遣して採算を取るには、このくらいの金額になるようです。






世の中に無料セミナーは、無数にあります。





利用する側としては、なんで無料で成り立つのか考える必要がありそうですね。








私はFPの勉強を始めて3年近くになります。




2014年に預金通帳を眺めて、お金のことについて考えるようになったのがきっかけです。





3年間、FPの勉強をするのにかなりの時間を投下しました。




時間だけではなく、お金も投下しました。




3級、2級、1級の教材、受験料、上記のみなし実務講習の費用など。




おそらく、20万円以上のお金を投資したことになります。






まあ、好きでやってることなので、もったいないという感覚はないですね。






でも、資格を取ったくらいで簡単に転職したり独立できる訳でもないので、今後も引き続き勉強を続けたいです。






特に、実務につながるような勉強がしたいですね。




FPの業界ではSG(スタディーグループ)という勉強会が開催されているので、参加してみたいと思っています。













社会保険労務士試験の勉強





黙々と社労士試験の勉強を進めています。




昨年の9月から勉強を始めて5カ月ほどになります。




試験範囲の勉強の8割程度が終わりました。




遅くても4月中には試験範囲の勉強を終了し、あとは復習や模試などの試験対策をしていきたいと思っています。






社労士の勉強も興味深いですね。





今は雇用保険の分野を勉強しているんですが、中々面白いですね。





雇用保険って他の社会保険と比べて、使い方次第で、もらえる金額が大きく変わるようです。






例えば、会社を自己都合で辞めると、勤務年数によって90日~150日分の失業給付がもらえます。





それが、会社都合で辞めると90日~330日になります。
(会社都合とは会社が潰れたとか、残業がめちゃくちゃ多いとか、給料が激減したとか、社員の1/3が辞めたとかです。会社の都合で辞めることになったんだからしっかり面倒見てあげましょう、ということでしょうか。)






でも、やむを得ない自己都合であれば(特定理由離職というらしいです)、会社都合の90日~330日まで給付が拡大されます。





やむを得ない理由というのはどういうことなのか見てみると、結構ありそうなことなんですよね。





例えば出産を理由に退職した場合、受給期間延長措置を受けた後に求職の申し込みをする。


あと、結婚による転居で、それまでの勤務先まで片道2時間を要する場所に引っ越した時。


家族の健康状態が悪いので、看護のために離職するとき。




他にもいっぱいあるようですが、知っていないと損をしてしまうかもしれません。





会社側は基本的に会社都合よりも自己都合で退職したということにしたいらしいので、上記に該当しても自己都合とされてしまうかもしれません。





いずれにしても、自分で知っておいて損はしないですよね。





健康保険や年金の制度で、知っておいて得をしたということはあまりないようですが、雇用保険は大分お得な使い方ができるようです。




面白いですね。
















因みに我々公務員は、雇用保険の対象外です。




潰れたり、途中でクビになる可能性が低いので、雇用保険は適用されないようです。
















そういえば、上記のCFPのみなし実務研修の際に、社労士の講師の先生が言っていたんですが、




認知症になりやすい職業のナンバーワン





それは公務員だそうです。





Screenshot_20180227-151318.jpg





公務員認知症で検索を掛けたら、上記の本がヒットしました。




読むかどうかは微妙です。













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
754位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
108位
アクセスランキングを見る>>
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。