FC2ブログ

久しぶりに更新

久しぶりのブログ更新になります。



月に1回のペースでブログを更新してきましたが、社会保険労務士の試験が近づいてきたので、更新が滞っていました。




試験は8月なので、今がまさに追い込み時期なんですが、それにも関わらずブログを更新した理由は、










社労士の受験を断念したからです。








去年の9月から独学で参考書と問題集を進めてきました。




12月までに社会保険分野を終了し、4月の半ばに労働保険分野の勉強が終了しました。






そこから2周目の学習に入ったのですが、進捗状況が良くありませんでした。




内容を忘れてしまっていたり、誤った理解をしていたりで、7月に入った時点でやっと2周目が終了。






この時点で、今年の試験での合格は無理だと判断しました。






それでも一応9カ月間、一日平均で2時間近くは勉強してきたので、まぐれで合格する可能性もゼロではないかもしれませんが、受験自体を断念しました。





試験は8月26日で、受験費用の9000円は納付済みです。




しかし、試験は棄権します。







時間の無駄、サンクコストを切り捨てる作戦です。




サンクコストとは投資理論でいうところの埋没資産などという意味です。




私は9か月間の勉強時間という資産を、社労士試験に捧げました。



せっかく9カ月も勉強したんだから、あと2か月勉強を続けないと、9カ月の時間が丸々無駄になる。だから、ダメ元でも取り敢えず受験する。



どうせ受かる見込みはないけど、9カ月という時間がもったいないから受験する。





9カ月の埋没資産がもったいなくて、受からないと分かっていても、さらに2カ月という時間を捧げるという投資判断をする。





サンクコストをためらわず切り離し、受験しないという選択をしました。







私の感覚では、来年の8月まで勉強すれば、社労士を受かるのは難しくないと感じています。



でも、さらにあと1年以上の時間を社労士に費やす気はありません。





そもそも、勉強自体が自分の為になり、かつ、つまらなくはないから勉強していたのであって、どうしても取らなくてはならない資格だとは思っていませんでしたし、今も思っていません。




勉強して、そこそこ知識がついたし、面白かったからよかったかなって感じです。







老後の年金や、現在の民間保険の加入の判断、転職の際の雇用保険のシステム、日本では残業時間を青天井にすることができる36協定など、勉強していてとても為になりました。






でも、試験ですので、面白くない問題も正解できないと合格には達しません。



保険金を不正受給した場合の罰則とか、危険な機械の管理方法とか、自分の興味がない分野を覚えるのはきついです。




来年の8月まで、延々と暗記主体の勉強を続けるのも飽きてきたので、受験を断念しました。







悪く言えば受験からの脱落、良く言えば戦略的な撤退です。





時間ができたので、ブログの更新頻度が上がるかもしれません。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
742位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
100位
アクセスランキングを見る>>
リンク