FC2ブログ

2月になりました

2月になりました。


関東地方は平野部でも雪や路面の凍結など、足元が悪い日が多くなりましたね。


毎年、冬になるとスタッドレスタイヤに付け替えようか迷うんですが、なければないでもなんとかなりますね。


関東の平野部は、数センチ雪が積もっただけでも交通機関がマヒして、テレビでも大々的に取り上げられますが、雪の日は出勤時間をずらしたりすれば、いいだけだと思うんですよね。


日本人は真面目なので、意地でも定時に出勤することにこだわる雰囲気があるように感じますが、必死こいて出勤してどんな仕事をするということよりも、出勤すること自体が目的になっているような気もします。



日本企業の生産性の低さ(特にサービス業)は海外からも指摘されているようですが、利益につながらない過度なサービスが当たり前と見なされているのが原因じゃないかと思います。


配送業の、再配達が無料とかっておかしくないですか?


確か2~3割くらいの宅配の荷物が再配送になっていると思います。


指定配送時間に約束通り在宅していて、一回で受け取る人と料金を同じにしなくてもいいでしょう。


再配送には追加料金を課すのが当然だと思います。






私は、紙の新聞を毎朝配送してもらっていますが、雪の日にまで、バイクで危険を冒してまで届けてくれなくても大丈夫です。


そんな日くらいは新聞がお昼に届いても我慢できます。


事故のリスクを冒してまで新聞を届けてくれなくてもいいので、配送員の福利厚生や新聞代の値下げを図ってほしいと思います。





盆暮れ正月に、自分の妻や子供がコンビニなどのバイトに明け暮れて、家にいないのは寂しく感じると思います。


私としては、年中無休でコンビニがやってなくたって構わないですよ。


事前に食料などを買い込んで準備すればいいだけのことだと思います。




日本って、サービスが過剰すぎると思います。


そして、その過剰なサービスのために企業やそこで働く従業員が疲弊するのは無駄だと思います。







雪の日に定時で出勤する意味に疑問を感じています。


あー、やだやだ。




株価は大幅に回復




スクリーンショット (17)_LI


ここ最近では1月4日が底でした。


日経平均も19000円の前半くらいまで落ちていましたね。


もちろん、今回の下落でも売りませんでした。


私の投資成績も、一時的に含み益がゼロになるくらいに落ち込みましたが、こういう時期を耐えるのがインデックス投資の醍醐味でしょう。


投資対象は市場全体です。


そして、底をつける前に売り逃げするとか、そんな投資方法ではありません。




むしろ、そこそこにインパクトのある下げだったので、100万円くらい海外株式ファンドを買い増ししました。


もう少し買いたかったのですが、早々に相場が回復してしまい、買い増しも打ち止めにしました。


一か月くらいで、プラス8%くらいまで戻ったので、またしばらく様子見になりそうです。




私がインデックス投資を始めてそろそろ5年になります。


期待通りのリターン(年利4~5%)は得られていませんが、短期的には運の要素も大きいので、じっくり構えていきたいと思っています。


そして、投資家としての経験値は確実に得られている実感があるので、それこそが貴重な財産になると信じています。





資格など


1月から簿記の3級を勉強しています。


資格を取得して就職に生かそうというよりも、会計学の教養を身に着けたいと思って勉強しています。


約1カ月くらい勉強していますが、面白さとしては大満足です。


資産、負債、純資産、費用、収益を借方と貸方に仕分けして財務諸表を作る。


株とかやるなら、勉強しておいて損はない分野だと思います。


試験は2月、6月、11月の年3回行われます。


2月には間に合わないので、6月受験を考えています。




簿記資格としては2級まで取った方が、履歴書に載せるには有利なのは分かっています。


でも、時間と労力と効果のバランスを考えると、2級を取るのは微妙だと思っています。


再就職で経理の仕事に就くのなら、2級は必須でしょうが、そうでないのなら時間をかけてまで取る必要を感じません。


3級は2~3か月あれば取れそうですが、2級は6カ月近く勉強しなければなりません。


2級は商業簿記と、工業簿記の2科目らしいのですが、工業簿記がとっつきにくいそうです。



資格も難しいものに挑めばいいというものじゃないと思っています。


多大な時間と労力を掛けて、何を得られるかという視点が大事だと思います。


私は去年、9カ月勉強した社労士の受験を放棄しましたが、合格後に社労士を活かせるイメージが湧きませんでした。


必要ないものに時間を使っている場合ではありませんね。








宅建資格の取得手続き中


私は、2016年に宅建の試験を受験して合格しました。


でも、試験に合格するだけでは宅建士と名乗ることはできません。


宅建は国家資格であり、試験合格後に都道府県知事に登録申請をして、免許を交付してもらって初めて宅建有資格者と名乗ることが出来ます。



私は試験合格後、何もしていませんでしたが、有資格者となるべく、手続きをしているところです。


宅建の登録には、2年間の実務経験が必要です。


私には実務経験はないので、予備校で実務講習を受講してきました。


1月中に資格予備校のTACに二日間通いました。


一日6時間の口座を二日間受けて、合格試験にパスもしたので受講完了です。


受講料は20,000円でした。


あと、本籍地や法務局などに必要書類の申請をして、登録準備が完了になります。


県庁に直接赴いて、登録手続きをしますが、手続きに印紙代が37,000円かかります。


これで登録完了して、免許申請にはさらに講習を受講しなければなりません。



いやー、お金かかりますね。



宅建免許を取ることで、少しでも潰しが効けばいいと思っています。



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
602位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
64位
アクセスランキングを見る>>
リンク