FC2ブログ

職場に神が降臨

先日、職場にど偉い方が巡察に来ました。私の職場は神の降臨か?という大騒ぎになりました。


私は公務員です。日々、上司や部下、同僚と一緒に仕事をしますが、たまに、普段はお目にかからないようなド偉い方の巡察や慰労を受けることがあります。どこの組織や会社でも、似たようなことがあるかもしれません。そして、組織の規模が大きければ大きいほど、社会的地位の高いグレイトな方の訪問を受けることになると思います。



こころに響かない

わたくしカトヒレ。アーリーリタイヤを目指すハンパもんとして、組織内での出世競争や派閥構成などにまったく興味がございません。偉い人の前では背筋がビッと伸びる組織畜ですが、こころの背筋はダラッダラッです。同期採用の人間は、課長クラスのポジションについているのに、私は10年は遅れるペースでふらふらしてます。課長クラスから単身赴任がつきものになる職場環境ですが、自分からすればありえないです。子供が小さい今の時期にこそ、子供と一緒にいる時間を長く持ち、人生最大の醍醐味と信じる子育てにこそ、全精力を注ぐべきと勝手に思い込んでいます。出世して、職場内で優越感に浸ることで自分のプライドや価値観を満たすことはできません。
ただ、一緒に仕事をする仲間と日々の業務を乗り切り、お互いを思いやりながら仕事をしたい。そして、人間関係を良くして、仕事のストレスを軽くしたい。だからやるべきことはきちんとやる。こんな感じで職場と付き合っているつもりです。



歯車の一つだと思うんですよ

私は職場において、年齢の割には小さな歯車だと思います。出世していないので、影響力が少ない小さな歯車です。家に帰れば世帯主で、家庭内の歯車の中では一番大きいでしょう。
しかし、うちの中の小さな歯車のはずの子供が、大きな歯車の私をゴリゴリと回すのです。
子供が言うことを聞かない。
わがままを言う。
おもちゃを無限に欲しがる。
上の子と下の子が喧嘩を辞めない。

そして、夫婦間で意見が食い違い、ピシッと空気が凍り付く。

大きいはずの歯車の私が、家庭内を全然コントロールできていません。
高圧的な亭主関白、暴力おやじになればどうか?
おそらく言うことは聞くでしょうが、妻と子供のこころは永遠に私から離れるでしょう。
それはわがカトヒレ家の衰退を意味すると思っています。



職場も歯車

神の訪問を3時間後に控え、わが支店には緊張が走ります。普段はありえないほどの整理整頓。これで仕事をしているの?と疑問に思うほど、全てのものが収納ロッカーに収められていきます。みんな本来業務そっちのけで、突っ込まれないための努力にいそしむ。支店長、副支店長が各部署をチェックしながらうろうろする。
定刻通り神の到着、全ての部署が業務ストップし直立不動です。まず、支店長室に入り、支店長と会談。その間、みんなが直立不動。会話もなし。45分ほどの会談の後、私の部署を巡察。課長が、「○○です。当課では○○の業務を中心に活動しています。」ビシっとご挨拶。神は施設を簡単に流し見しながら、「よくやっているようだね。ご苦労様。」と気さくにあいさつして退出。わが支店の巡察は無事に終了。みんな、胸をなでおろします。

私はそばにいた後輩にぼそり。
あの神も僕も君もみんな歯車の一つだと思うんだよね。大きさは違うけど、それぞれの役割は決まっているんだよ。そして、大きくなればなるほど、安泰というわけではないんだ。「お前の代わりなど、いくらでもいるんだ!」と怒鳴る上司もいるけど、大きな歯車でも代わりはいくらでもいるはず。むしろそのポストを虎視眈々と狙っている後進がいるはずなんだ。
うちでは小さな歯車の子供が、大きな歯車の私をゴリゴリ回しているよ。神はものすごく大きな歯車なんだろうけど、歯車の一つという意味では、我々と同じだよ。神に仕えるお付きの人たちから散々持ち上げられ、ごまをすられていい気になっても、小さな歯車のはずの我々の投げや、投書を恐れているのかもしれないよ。



勘違いするのはバカ

職場で全力を尽くして出世に命を掛ける人生感を否定するつもりはありません。それに生きがいを感じるならそれは素晴らしいことだと思います。ただ、私の人生感とは異なります。
出世して偉くなるのはいいのです。それによって得た職場での影響力でみんなを従わせることもできるでしょう。でも、それは立場に従っているだけであって、その意見が正しいと思うから従っているわけではないという自戒を持っていないと、危ういと思います。偉くなるなら、そこらへんの勘違いをしないで、偉くなっていただきたいと負け犬の私は思います。
どんなに偉くなったところで、やめればただのおっさんです。そこのところを受け入れられない人は、職場に依存している状態だと思います。
退職後に、それまで職場で磨いた人格、能力、人脈などを生かしてリタイヤ後を有意義に過ごす。そんな青臭い理想論を持っていますが、それは仕事依存の状態と対極のあり方だと思います。



アーリーリタイヤしてどういう人生を送りたいのか?日々、ブレまくりの自分に気づきます。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
107位
アクセスランキングを見る>>
リンク