FC2ブログ

昇進とお金

本日、職場の昇進試験を受けました。




強制的に受けさせられる。


試験の受験は一応任意なのですが、ほぼ断ることはできません。退職間際の人はともかく、アラフォーの私が試験を受けないという行動に出ると、職場の上司は、私のことを危険人物とみなし、お説教が入ること請け合いです。なので、しぶしぶ受けてまいりました。
私個人の気持ちとしては、昇進はしたくありません。今の部署で、今のポジションで仕事をしたいからです。昇進したら部署も変えられ、引っ越しもしなければならないかもしれません。家族と自分の事情から昇進は絶対にしたくありません。なので、ここ数年受けたくもない試験を毎年受けさせられ、わざと落ちるということを繰り返しています。

組織としては、「もっと高いポジションで活躍しなさい。職員は全員そういう高い志をもつべきですよ。」との建前ですが、無理がありすぎます。高度経済成長の時代でもないのに、ザ仕事人間になれと言われても、うなずけません。




昇進と給料


さて、試験時間中の退屈な時間を使って頭でシミュレーションしてみました。(資料もないのでテキトーです。)
私は今、主任級の役職です。今回の試験は係長級になるための試験です。昇進したら給料がどのくらい変わるのか想像してみました。

アラフォー、勤続17年、主任の今の私の年収を650万としましょう。係長になると年収で30万くらい上がりそうです。

今のままでも、50歳くらいまで定期昇給が年間10万円として、50歳の時に750万の年収になる。そこから定期昇給はなくなり、60歳の退職となりそうです。

今、係長になった場合、年収が680万になります。定期昇給は年で12万円としましょう。50歳で年収900万になる計算になります。そこからは定期昇給なしで60歳まで900万をもらい続けたとします。

その差はいくらになるのか。多分1900万円くらいになりそうです。うーん、大きいのか小さいのか微妙です。何せ、定年までやったとして、あと20年あります。係長の重責というヘビーなプレッシャーに耐えながらでは、割に合わない気もします。



時給換算してみる。

年間365日あるうち、土曜日曜が104日あります。祝日も10日くらいあるのかな?年休は5日くらいしか使えない雰囲気です。
計算が楽なので250日働くと仮定しましょう。一日8時間働くとします。年間で働く時間は2000時間になります。私の今の年収を650万としましょう。それを2000で割ると時給が出ます。

どん!3250円。

時給3250円も貰っていたのか!

さて、係長になったとして、今よりも確実に労働時間が増えます。仮に一日30分仕事時間が伸びたとしましょう。
一年間で250日働くので、125時間多く働くことになります。

今よりも年間125時間長く働いたとして、今の時給で計算してみます。

3250円×125時間=約41万円

係長になって年収30万円アップしたところで、30分長く仕事をしたら、元は取れません。


経済的合理性から考えても、昇進する必要はない、勝手に言い切ります。




結局は費用対効果

長時間労働して収入増やすのは、単純で分かりやすいのですが、考え方次第でしょう。人生の中の有限の時間をいっぱい切り売りして収入がほしい人や職場にいること自体が好きな人はそれでもいいでしょう。

私は、既に十分すぎる給料をもらっており、これ以上ほしいと思いません。なので、残業など一切したくありません。それよりも、子供や家族と過ごす時間を多く持ちたいですし、趣味のランニングもやりたいし、新聞や本を読む時間も確保したいです。なので、労働時間を増やす要因の昇進はするつもりがありません。

50問のマークシートを2分で瞬殺し、昇進と給料について残りの58分間、私なりに考えてみました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カトヒレ

Author:カトヒレ
既婚、子供二人のアラフォー公務員です。節約&投資で50歳アーリーリタイヤを目指します。

現在までの運用状況
預金      1800万              投資信託   3000万          株、ETF     20万             保険       200万
運用方針
インデックスファンドをメインに、ETF、個別株にもちょこちょこ投資しています。定額積み立てもしていますが、暴落が来ても追加投資できるだけの余裕資金を持ちながら投資をしていきます。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
インデックス投資とは
私なりのインデックスの解釈です インデックスとは指数のことです。指数には日経平均株価、TOPIX、ダウ、S&P500、MSCIコクサイなどがあります。投資信託で投資をすることで30か国の3000の会社の株価や債券の平均に投資をするということも可能です。要は一つの会社の株を買うわけではないので、素人でもプロと同等以上のリターンをすることを期待します。(その代り、大儲けもできない地味な投資です)私は、世界経済全体の成長を信じてますので、その成長に乗せてもらい、年間4~5%のリターンを狙いながら投資をしていくつもりです。目標資産は1億円です。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
株式・投資・マネー
868位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
107位
アクセスランキングを見る>>
リンク